ビデオ ゲーム グラフィテイ

ゲームメーカーナムコ
ゲームジャンルいろいろ
CD発売年1986年
CD枚数1枚
入手難易度ランクSS
ゲームプレイ有無プレイ有



vgg1_1.jpg vgg1_2.jpg vgg1_3.jpg

メロディー重視度★★★★☆:4
ノリノリ度★★★☆☆:3
楽しい曲度★★★★☆:4
カッコイイ曲度★★★☆☆:3
曲の雰囲気★★★☆☆:3
総合評価★★★☆☆:3


■サントラ概要

このCDはナムコのビクターでのサントラシリーズの「ビデオ・ゲーム・グラフィティ」の第1弾として1986年に登場しました。

といってもvol.1という記載はないため、シリーズ化が開始されたのは実質的には翌年に登場するvol.2からと言えるかもしれません。

この「ビデオ・ゲーム・グラフィティ」では全トラックともアレンジ版の音楽が収録されています。vol.2以降では「ゲームオリジナル音源」と「アレンジ音源」のセット収録という構成なので、形式が違っていますね。


このCDで一番目立つ特徴は、後半のボーカルアレンジトラックに「パックマンと仲間たちによるミニドラマが収録されている」ことでしょう。

例えばニューラリーX曲のアレンジ「かっとびラリーX!」のトラックでは、
・僕パックマン。さあみんな車に乗ってドライブに行こうよ!
みたいな感じでミニドラマが始まります。そのあと曲が流れます。

次のマッピー曲のアレンジ「ちょっとマッピー男の子」では、
・ちょっとそこの車!スピード違反ですよ!
みたいな感じで警官であるマッピーが登場してきます。

ほかにも途中で「斉藤洋美のラジオはアメリカン」まで始まってみたりしてハチャメチャです。(「ラジオはアメリカン」とは、ナムコがスポンサーをしていた深夜ラジオ番組です。)


というわけで、まだまだゲーム音楽をレコード化(CD化)する際の手法がいろいろ模索されていた時代のものという感じがして、非常に興味深いです。基本的にはサントラというよりバラエティCDのノリかもしれませんね。

ちなみに、ミニドラマなしのボーカル曲だけ聞きたい場合は「ナムコ ベストヒットパレード!」を聞くとよいでしょう。


CDのパッケージは、ケーキにパックマンをはじめとするナムコキャラクターが描かれたような非常にカラフルなデザインです。

CDのラベル面は、非常にシンプルな曲タイトルのみの文字情報です。



複数のゲームタイトルの音楽が収録されていますので、簡単に収録タイトル情報を書きます。

●レコードのA面にあたる5曲
1.モトス
・1985年にアーケードで登場したおはじきのように敵を押し出すゲームです。

2.スカイキッド
・1985年にアーケードで登場した左スクロールのシューティングゲームです。
・敵にやられてもボタン連打で立て直しができます。

3.バラデューク
・1985年にアーケードで登場した宇宙警備隊がブキミな洞窟探索をするようなゲームです。
・ジャンルはアクションシューティングゲームでしょうか。

4.スターラスター
・1985年にファミコンで発売された3Dシューティングゲームです。
・このCDのなかで唯一の家庭用由来のゲームです。
・ゲームの紹介記事的なものを「10年越しでスターラスターの真の敵を知った話」で記載しています。

5.源平討魔伝
・1986年にアーケードで登場した和風アクションゲームです。
・平家の亡者が主人公という変わったストーリーです。
・なお、ゲームの登場はこのCDの発売より後だそうです。そのため、曲の先行収録みたいな形式です。


●レコードのB面にあたる4曲
以下のゲームに関しては、「ナムコ ベストヒットパレード!」の記事で記載したので省略。
6.ニューラリーX
7.マッピー
8.ディグダグ
9.リブルラブル


■曲の感想

レコードのA面にあたる曲はすべて「ゲームオリジナル曲が少し(数十秒程度)だけ流れ、そのあとアレンジ曲が流れる」という構成になっています。

今となっては「ゲームオリジナル曲をたっぷり収録してくれればいいのに」と思いますが、当時はそういう風潮ではなかったということでしょう。
(ゲームをやれば曲は聞けるんだからレコード(CD)でしか聞けない音楽を収録すべき、という感じかな)

アレンジ自体はかなり力が入っていて、すごく豪華な曲になっています。


しかし、この5つのゲームを選択した人のセンスは謎ですねえ。5つのゲームのうち2つ(スターラスター、バラデューク)はゲームプレイ中はほとんど無音なのですから。

ちなみにこの2曲はゲーム開始時のファンファーレなどを中心としたアレンジになっています。


レコードのB面にあたる曲(ボーカルアレンジ版)の感想は「ナムコ ベストヒットパレード!」の記事で記載したので省略。


というわけで、「ゲーム音楽サントラの黎明期の雰囲気を味わいたい人」にオススメです。


■オレを信じてこれを聴け!

B面曲は「ナムコ ベストヒットパレード!」の記事で紹介済みのため、曲タイトルのみを記載。本CD版はミニドラマが入っているので、厳密にいうと別物ですけどね。

2.SKYKID
・やっぱり元の曲のノリがいいのでアレンジ版も楽しい。
・パレード曲みたいに賑やかです。

6.かっとびラリーX!

7.ちょっとマッピー男の子


■補足情報

・このサントラを入手しようと思った場合、ネットでは中古でかなり高めとなっています。というかなかなか物が出てこないです。そのため、入手難易度はランクSSとしました。

関連記事

テーマ : ゲーム音楽
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京マンタロー

Author:京マンタロー
京(けい)マンタローと申します。
ファミコンとともに子供時代を過ごし、今もほそぼそとゲームをプレイしています。
が、プレイするより所有することのほうがメインになってきて困ってます?

もし記事に問題などありましたら、コメントなどでお知らせ下さい。修正します。

最新記事
カテゴリー
インデックス
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
検索フォーム
カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示