スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pop’n ツインビー

ゲームメーカーコナミ
ゲームジャンルシューティング
CD発売年1993年
CD枚数1枚
入手難易度ランクC
ゲームプレイ有無プレイ有



popntwinbee_1.jpg popntwinbee_2.jpg popntwinbee_3.jpg

メロディー重視度★★★★☆:4
ノリノリ度★★★☆☆:3
楽しい曲度★★★★☆:4
カッコイイ曲度★★★☆☆:3
曲の雰囲気★★★★☆:4
総合評価★★★★☆:4


■サントラ概要

1993年にコナミからスーパーファミコンで発売されたシューティングゲーム「Pop'n(ポップン)ツインビー」のアレンジ曲のサントラ(イメージアルバム)です。

全7トラックの収録ですが、1トラックは声優さん(國府田マリ子さん)の語りなので、音楽トラックは6つです。収録曲数的にミニアルバムと言えるかもしれませんね。


「Pop'nツインビー」は、スーパーファミコン初のツインビーシリーズです。1991年にアーケードに登場した「出たな!!ツインビー」を家庭用にアレンジして再構成したようなゲームだと思います。

「出たな!!」はアーケードゲームなので縦画面縦スクロールシューティングでしたが、「Pop'n」は家庭用ゲームなので横画面縦スクロールシューティングになっていて、グラフィックの色合いも変わっています。(「Pop'n」の方はパステルカラーの淡い色合いになっています)

この「Pop'nツインビー」の設定をベースにして、ラジオドラマ「ツインビーPARADISE」が始まり、大人気となっていくのでした。


なお、このCD「Pop'nツインビー」の後に、ゲームオリジナルサントラの「Pop'nツインビーグラフィティ」というCDが発売されているので、スーパーファミコンの原曲が聞きたい人はそちらを手に入れましょう。
(あと、この「Pop'nツインビー」は「ウインビー国民的アイドル化計画」の第2弾CDだそうです。曲を聞く分には何の影響もありませんが。)


作曲は、コナミ矩形波倶楽部です。
(某サイトの情報によると、原曲の担当は上原和彦さん、碇子正広さん、井上秀登さん、冨田朋也さん、安慶名伸行さん、中島正恵さん、三木彩子さんとのこと)


電波新聞社(ベーマガ)の「第8回 日本ゲーム・ミュージック大賞(93年上半期)」にて、「Pop'nツインビー」は8位でした。
※データ参考:【日本ゲーム・ミュージック大賞】-ベーマガ総合事典


パッケージデザインでは、ツインビーとウインビー、そしてPop'nツインビーからの登場キャラクターであるマドカが描かれています。
(このときは、まだパイロット名も機体名もツインビー、ウインビーでした)

CDラベルは、コナミレーベルの共通デザインです。


■曲の感想

Pop'nツインビーのスーパーファミコンオリジナル音楽は、ツインビー音楽らしくかなりメロディアスな曲ばかりでした。そして、アレンジバージョンであるこのCDの音楽も原曲のイメージを壊さずに上手く、かつ上質にアレンジされているので、幅広くオススメできるCDだと思います。
(曲数は少ないですが)

曲数が少なく、かつ全体的にオススメなので曲ごとの感想を書いてみます。
(ただし、キャラクターの語りトラックとカラオケトラックの感想は省きます)


1.Sky Avenue(5ステージBGM)
明るい雰囲気の曲で、原曲よりも元気さがパワーアップした感じのアレンジです。優しいメロディーが魅力の曲だと思います。

別のCDで歌付きのアレンジバージョンが出たぐらいなので、メロディーの良さはお墨付きです。


2.虹色の風(3ステージBGM)
ゆったりとした音色が心地よいアレンジです。どことなく温かみを感じる曲になっていると思います。メロディーがキレイですね。


3.A DAY In D.B.-island(ネーム&コンティニューBGM)
ブティックとか喫茶店なんかで流れているBGMのような穏やかな曲になっています。ピアノの音色が印象的です。それ以外の音色も可愛らしいです。

曲の途中でオルゴールのネジを巻くような音が入って、オルゴール風の曲調になるギミックがあります。


4.ぶっとび大砲野郎どもに捧ぐ(ボスBGM)
元々ボス戦の音楽にしてはコミカルな曲でした。このCDではかなり力がこもったアレンジがなされています。力強くもあり、コミカルでもあり、という盛り沢山な内容です。かなりノリノリな曲です。
(古ーいTV番組ウイークエンダー的なギミックあり。このCDが出た当時でも既にレトロ感があったフレーズが入っています。)


5.Twin Memories(1ステージBGM)"歌"
このCDの一番の目玉かもしれない、ラジオドラマ「ツインビーPARADISE」のオープニングにも使われていた曲です。

私の感想を一言で言うと
「言葉の意味はよくわからんが、とにかく名曲っぽい」
に尽きます。歌っている國府田マリ子さんの声も心地よい。でも歌詞の内容はよく分かりません。

ゲーム発祥の歌物としてかなりの名曲だと思います。特にオススメ!

なおゲームの原曲のメロディーにかなり忠実なアレンジなので、ゲームプレイ中の音楽に合わせて歌うことが可能です。



■オレを信じてこれを聴け!

曲数は少ないですがオススメのCDです。曲ごとの感想は書いたので曲目のみ列挙。

1.Sky Avenue(5ステージBGM)

2.虹色の風(3ステージBGM)

3.A DAY In D.B.-island(ネーム&コンティニューBGM)

4.ぶっとび大砲野郎どもに捧ぐ(ボスBGM)

5.Twin Memories(1ステージBGM)"歌"


■補足情報

・このサントラを入手しようと思った場合、ネットでは中古でかなり安く入手できるようです。そのため、入手難易度はランクCとしました。

Pop’n TwinBee

中古価格
¥1から
(2018/5/13 00:16時点)




関連記事

テーマ : ゲーム音楽
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京マンタロー

Author:京マンタロー
京(けい)マンタローと申します。
ファミコンとともに子供時代を過ごし、今もほそぼそとゲームをプレイしています。
が、プレイするより所有することのほうがメインになってきて困ってます?

もし記事に問題などありましたら、コメントなどでお知らせ下さい。修正します。

最新記事
カテゴリー
インデックス
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
検索フォーム
カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。