怒首領蜂 大復活 オリジナルサウンドトラック

ゲームメーカーケイブ
ゲームジャンルシューティング
CD発売年2008年
CD枚数1枚
入手難易度ランクS
ゲームプレイ有無クリア済



dodondfk_1.jpg dodondfk_2.jpg dodondfk_3.jpg

メロディー重視度★★★★☆:4
ノリノリ度★★★★☆:4
楽しい曲度★★★☆☆:3
カッコイイ曲度★★★★☆:4
曲の雰囲気★★★☆☆:3
総合評価★★★★☆:4


■サントラ概要

2008年にケイブからアーケードにてリリースされたシューティングゲーム「怒首領蜂 大復活」のオリジナルゲーム音源のサントラです。

全23トラックが収録されています。イメージソングの1トラック、ゲーム中のボイス集の5トラックを含むので、ゲーム中の曲としては17トラックです。


「怒首領蜂 大復活」は、前作「怒首領蜂 大往生」に続く怒首領蜂シリーズの第4作目として登場しました。

前作はタイトルに「大往生」と付いていることにもあるとおり怒首領蜂シリーズは完結したはずだったのですが、文字通り「大復活」してシリーズ継続となったのです。プロレスラーの引退→引退を撤回して復帰みたいな感じでしょうか。

ケイブの一番の主力シューティングシリーズなのにこういうことをやっちゃうところにケイブの独特のノリが感じられます。


さて怒首領蜂 大復活ですが、妙な雰囲気のシューティングゲームとなっています。というのも「ボスキャラがメカ女性キャラ」なのです。

怒首領蜂といえば、戦闘機が敵の巨大メカと戦うという硬派な雰囲気のゲームでした。怒首領蜂 大往生で「エレメントドール」という女性型サポートメカが登場しましたが、萌えとは無縁な感じで若干気持ち悪い雰囲気のキャラだし、ゲーム画面上ではほとんど登場しませんでした。

それが怒首領蜂 大復活では「敵巨大メカが女性型ロボ(エレメントドーター)」という軟派(?)なゲームになったのです。セーラー服、メイド服、チャイナドレス姿のボスキャラの激しい弾幕をかいくぐって戦うボス戦は何とも言えない絵面です。

このように雰囲気は妙なゲームなのですが、ゲーム自体は初心者から上級者まで楽しめる作りなので幅広くオススメできます。
(ボム数が多かったり、敵の弾幕を消す攻撃ができるので、初心者でも取り付く島があるのです)


このサントラは、ケイブ社のゲームのサントラの例に漏れず、最初は「ケイブ祭り」という期間限定のイベント(秋葉原などで開催、オンライン通販もあり)でしか販売していなかったので、流通量が少なくレア化していました。
その後、ケイブのホームページで常時ネット通販をするようになったので、ある程度欲しい人に行き渡りましたが、現在は新品の供給はないので中古品を探すしかない状態となっています。


作曲者は、並木学さん、千葉梓さん、工藤吉三さん。音楽製作会社ベイシスケイプ社の方々です。

曲については2ループ収録されており、じっくりと楽しむことができます。


CDのパッケージデザインでは、5人の女性キャラが描かれています。これが各ステージのボスキャラ達なのです。「怒首領蜂が萌えゲーになった」と言われても仕方ない感じ。

なお、このサントラでは紙のブックレットはなく、5、6枚程度のセル画のようなプラスチックフィルムがブックレット替わりなのです。そのため、パッケージの表面も半透明になっています。


CDラベル面は、蜂の巣的な六角形の模様のイメージです。

このサントラではCDのディスク自体も凝った作りになっていて、ディスクのプラスチックが半透明なのです。なのでディスクの向こう側が透けて見えます。


■曲の感想

前作「怒首領蜂 大往生」から継続の並木学さんがメインとして音楽を担当されていることもあり、音楽の雰囲気自体は大往生と少し似ています。特にステージ1の曲なんかは大往生の曲と並べてみてもそんなに違和感はないかもしれません。

でも「ボスキャラが女の子メカになった」に象徴されるように、音楽自体も大往生に比べると柔らかい雰囲気になったと思います。あと、少しメロディー重視になったというか。
また今作では3名の作曲家によって曲が作成されているため、全体的な雰囲気は統一しつつもそれぞれの個性を味わうことができます。
これらが大復活の音楽が大往生の音楽とは似つつも違う部分ではないでしょうか。


そのほか、このゲームで特筆すべきところとしては「ステージ2以降ではステージ分岐がある」というところです。サントラの曲では「ステージ2表」「ステージ2裏」のような形で、ステージ分岐後は別の曲トラックとして収録されています。

表と裏では曲の冒頭部分は同じですが、途中から曲が変わります。怒首領蜂 大往生の曲のアレンジっぽくなっているものもあるため、元曲を知っているとちょっとニヤリとできるかも。


というわけで、「シューティングゲームの曲が好きな人」、「激しい曲が好きな人」はゲーム未プレイでも聞いてみても良いんじゃないでしょうか、というのが怒首領蜂 大復活のサントラです。


あと、ケイブ音楽おなじみのイメージソング枠として「どどんぱち大音頭」が収録されています(作曲は内藤那津子さん)。ゲームの雰囲気とはまったく独立していますが、スピード感のある曲で結構いい感じですよ。

※「どどんぱち大音頭」で検索すると、AOUショーでのダンスパフォーマンスが見られたりします。



■オレを信じてこれを聴け!

大往生の曲の硬派な雰囲気を少しゆるくした感じ。

2.西暦2008年 東京
・ステージ1の曲です。作曲は並木学さん。
・静かな立ち上がり、という雰囲気の曲です。

3.運命ノワカレミチ
・ステージ2表の曲です。作曲は千葉梓さん。
・メロディーがはっきりしている曲です。冒頭部分が印象的。

6.エレメントドーター
・ボス戦の曲の1つです。作曲は並木学さん。
・激しい曲です。ボス戦らしい緊張感のある曲。

11.誰か、私を止めて。
・ボス戦の曲の1つです。作曲は並木学さん。
・スピード感がある曲です。曲後半部分の盛り上がりが良い感じ。

12.「あの未来に続く為」だけ、の戦いだった
・ステージ5(最終面)の曲です。作曲は並木学さん。オススメ!
・怒首領蜂らしくないメロディアスな曲で、爽やかさすら感じます。

15."大往生"したなどと誰が決めたのか。
・エンディングの曲です。作曲は千葉梓さん。
・優しい雰囲気のキレイな曲です。

17.どどんぱち 大音頭
・イメージソングです。作曲は内藤那津子さん。オススメ!
・スピード感が抜群です。花火=弾幕なんですね。


■補足情報

・このサントラを入手しようと思った場合、ネットでは中古でも定価超えの価格になっているようです。そのため入手難易度はランクSとしました。

怒首領蜂 大復活 オリジナルサウンドトラック

中古価格
¥4,479から
(2017/8/12 06:19時点)




・itunesやAmazonデジタルミュージックでのダウンロード販売もあります。

itunes 怒首領蜂大復活

怒首領蜂大復活

新品価格
¥1,200から
(2017/8/12 06:20時点)




関連記事

テーマ : ゲーム音楽
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京マンタロー

Author:京マンタロー
京(けい)マンタローと申します。
ファミコンとともに子供時代を過ごし、今もほそぼそとゲームをプレイしています。
が、プレイするより所有することのほうがメインになってきて困ってます?

もし記事に問題などありましたら、コメントなどでお知らせ下さい。修正します。

最新記事
カテゴリー
インデックス
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
検索フォーム
カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示