スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリジナルサウンドトラック「イース&イースIIエターナル」

ゲームメーカー日本ファルコム
ゲームジャンルアクションRPG
CD発売年2004年(2001年)
CD枚数2枚
入手難易度ランクB
ゲームプレイ有無未プレイ



ys12e_1.jpg ys12e_2.jpg ys12e_3.jpg

メロディー重視度★★★★★:5
ノリノリ度★★★★☆:4
楽しい曲度★★★☆☆:3
カッコイイ曲度★★★★☆:4
曲の雰囲気★★★☆☆:3
総合評価★★★★☆:4


■サントラ概要

名作パソコンゲーム「イース」「イースII」のリメイクとして日本ファルコムからパソコン(Windows用)で発売されたアクションRPG「イース エターナル」(1998年)と「イースII エターナル」(2000年)のオリジナルゲーム音源のサントラです。

CD2枚組のサントラで、ディスク1には「イース エターナル」の楽曲24トラック、ディスク2には「イースII エターナル」の楽曲31トラックが収録されています。

ゲームのほうの「イース エターナル」と「イースII エターナル」は別々のソフトとして販売されましたが、サントラは両者を一緒にしての登場です。初版は2001年発売ですが、私が所有しているのは2004年の再販版です。


「イース エターナル」と「イースII エターナル」は、日本ファルコム自身によってWindows用にイースを再構築したゲームです。グラフィック・音楽などが大幅パワーアップしており、2000年水準になっています。

当時でもイースシリーズはファミコンをはじめ、PCエンジンなどに移植されており、オリジナルのイースの登場から10年経過していたので「今頃イース初代?」のように感じましたが、実際の店頭デモを見ると全くの新作と言っていいほどのフルリメイクだったので非常に魅力的に見えました。

私の場合は、パソコンがなかったこともあり、イースエターナルや、その後にでたイース完全版(エターナルのバージョンアップ版)ともプレイすることはなかったのですが。


イースIIエターナルのオープニングは非常に話題になりました。映像だけでなく、音楽もアレンジが非常にカッコイイです。


このオープニング映像は、2016年に映画「君の名は。」で時の人となった新海誠さんが日本ファルコム時代に手掛けたものです。

新海誠さんは他にもゲームのオープニング映像などを手がけており、いずれも評価が高いです。その当時から新海誠さんを知っているオールドゲーマーで、「君の名は。」での新海誠さんの超大ブレイクに感慨深いものを感じた人も多かったと思います。


イースのオリジナル楽曲の作曲者として古代祐三さん・石川三恵子さんが有名ですが、イース・イースIIエターナルの楽曲はアレンジ版であり、編曲はファルコムサウンドチームJDKです。

曲は2ループ収録されているので、じっくりと曲を楽しむことができます。


パッケージには、中央にはイースのロゴマーク、そして左側に「イース エターナル」、右側に「イースII エターナル」のイラストが描かれています。
CDのラベル面には、イースI・イースIIエターナルのイラストが描かれています。


■曲の感想

イースエターナルの2作については、店頭デモで見たイースIIエターナルのオープニング以外の音楽は聞いたことがありませんでした。なので、「グラフィックがすごくなったなあ。多分、音楽もグラフィックに負けないぐらいパワーアップしているんだろう」という風に思っていました。

もともと音楽については評価の高かったイースシリーズの原曲忠実アレンジなので、ゲーム未プレイでしたがある程度の安心感を持ってサントラを購入しました。


感想ですが「確かに音が豪華になってパワーアップしている。でも、もっといい音色にできたのではないか?」と個人的には思いました。グラフィックのパワーアップ具合に比べて、音楽のパワーアップ具合が低いように感じられたからです。

ファルコム自身が既にサントラCDでいろんなイース音楽のアレンジ版を販売してきたからそう思うのでしょうか?私自身も一番聞き込んでいたのはPCエンジン版のイースI・II版の音楽なので、生演奏のバリバリアレンジ版のイースに慣れていたのもあります。


私自身のゲーム音楽の好みは、生演奏至上主義ではなく綺麗で深みのある電子音派なので、イースエターナルにも電子音の魅力をもっと追求して欲しかったところ。
でも、イースエターナルの音楽はノスタルジーを感じさせるためか、アレンジ度合いがやや抑え気味っぽいのでちょっと物足りなかったです。

唯一イースIIのオープニング音楽はやりたいことを出し切ったアレンジになっていてかなりいい感じです。全編これぐらい振り切ったアレンジにしてくれても良かったのに。


とは言いつつ元々のメロディーの良さは折り紙つきなので(特にイースII)、イースのアレンジミュージックの1つとして楽しめると思います。原曲に忠実なイースアレンジを求める人にはオススメできるサントラだと思います。
(まあ、「原曲は最高なのにアレンジは気に食わん」という日本ファルコムのサントラにありがちな感想を持つ人がいてもおかしくはないですが)


■オレを信じてこれを聴け!

なんか否定的な一言が多くなってしまいました。

■ディスク1(イース エターナル)
3.THE SYONIN
・冒頭のチープな出だしから突如豪華なアレンジに変わります。
・気楽な雰囲気がいい感じ。

5.FIRST STEP TOWARDS WARS
・原曲どおり爽やかな曲です。
・ちょっと電子音が安っぽい気も。

8.PALACE OF DESTRUCTION
・主旋律のメロディーが印象的。でももっと重厚感が欲しい。
・裏打ちのドラムの音が目立ちますねえ。

10.TOWER OF THE SHADOW OF DEATH
・曲後半の流れるようなメロディーは原曲譲り。
・少し曲の長さが長めです。

11.THE LAST MOMENT OF THE DARK
・決戦直前の盛り上がりを彩る曲です。
・ゆったりとした中の緊張感がいいです。

14.THE MORNING GROW
・フルートの音色とピアノの音色は良い感じ。
・電子音が妙な音色で、もうちょっと何とかならなかったのか。

15.SEE YOU AGAIN
・明るい雰囲気の陽気な曲です。
・メインメロディーは良いのですが、冒頭がちょっと腰砕け。

17.SO MUCH FOR TODAY
・優しい雰囲気の落ち着く曲です。
・音色もキレイ。


■ディスク2(イースII エターナル)
1.TO MAKE THE END OF BATTLE
・非常にカッコイイアレンジです。特にオススメ!
・オープニング映像のキレイさに負けていないアレンジ!

2.LILIA
・優しい雰囲気のメロディー。
・短い曲ですが癒されます。

3.TOO FULL WITH LOVE
・冒頭のチープさがレトロ感漂いますが、すぐ豪華な音になります。オススメ!
・途中から音が豪華になりますが、癒され度は高いまま。

4.APATHETIC STORY
・敢えてあまり音をゴージャスにしない感じのアレンジです。
・原曲の音色違い程度。

7.RUINS OF MOONDORIA
・テンポが早く軽快です。
・原曲のイメージそのままといった感じ。

11.PROTECTERS
・ボス戦の曲だけあって緊張感があります。
・少しだけ入るフルートっぽい音色が印象に残ります。

12.ICE RIDGE OF NOLTIA
・テンションがあがる曲です。やっぱり原曲がいいんでしょう。
・綺麗な音色と、少し物足りない音色が混在しているような感じ。

16.PALACE OF SALMON
・これも原曲ゆずりでテンションが高まる曲です。
・電子音の音色は結構好みかも。

17.SUBTERRANEAN CANAL
・原曲のメロディーを思い出せる所がいいところか。
・少しのんびりした雰囲気の曲になっています。

18.DON'T GO SO SMOOTHLY!
・力強い感じのメロディーの曲です。
・原曲の音の厚みを増したようなアレンジ。

22.TERMINATION
・ラスボス戦とは思えないほどのキレイなメロディー。オススメ!
・音色もいい感じで原曲からパワーアップしてます。

23.A STILL TIME
・優しいメロディーの落ち着く曲です。
・キレイな音色が良い感じです。

24.STAY WITH ME FOREVER
・原曲のメロディーを思い出せるところは良いところ。
・音色はもっと豪華な感じにして欲しかったなあ。

25.SO MUCH FOR TODAY
・イースIと同名曲ですが、こちらは電子音のアレンジです。
・敢えてあまり豪華な音を使わない感じ。



■補足情報

・このサントラを入手しようと思った場合、ネットでは中古でかなり安めの価格になっているようです。そのため、入手難易度はランクBとしました。
(リンク生成のタイミングでは新品のみで妙に高いですが)

イース&イースIIエターナル

新品価格
¥14,800から
(2017/5/1 22:16時点)




・itunesなどでもアルバムが販売されています。

オリジナル・サウンドトラック 「イース & イースIIエターナル」


関連記事

テーマ : ゲーム音楽
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京マンタロー

Author:京マンタロー
京(けい)マンタローと申します。
ファミコンとともに子供時代を過ごし、今もほそぼそとゲームをプレイしています。
が、プレイするより所有することのほうがメインになってきて困ってます?

もし記事に問題などありましたら、コメントなどでお知らせ下さい。修正します。

最新記事
カテゴリー
インデックス
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
検索フォーム
カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。