スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇者のくせになまいきだ。1&2 ジャイアント・リサイタル

ゲームメーカーSCE
ゲームジャンルダンジョン生成
CD発売年2008年
CD枚数1枚
入手難易度ランクB
ゲームプレイ有無プレイ有



勇者のくせになまいきだ。1&2 ジャイアント・リサイタル

新品価格
¥1,500から
(2017/1/15 22:45時点)



メロディー重視度★★★★☆:4
ノリノリ度★★★☆☆:3
楽しい曲度★★★★☆:4
カッコイイ曲度★★★☆☆:3
曲の雰囲気★★★★★:5
総合評価★★★★☆:4


■サントラ概要

2007年にSCEからPSPで発売されたダンジョン生成ゲーム「勇者のくせになまいきだ。」と、その続編で2008年にPSPで発売された「勇者のくせになまいきだor2」のゲームオリジナル音楽のサントラです。
(私はAmazonデジタルミュージックの配信版を購入しました。CDでの入手ではないためパッケージ撮影の写真はありません)

トラック数は32トラックです。
うち15トラックが「勇者のくせになまいきだ。」の曲、17トラックが「勇者のくせになまいきだor2」の曲です。


「勇者のくせになまいきだ。」通称「ゆうなま」は、普通のゲームと異なり自分は魔物側で、勇者を迎え討つゲームです。
勇者の迎え討ち方ですが、ダンジョンを掘って魔物たちの食物連鎖をコントロールし、より強力な魔物を生み出すことによって勇者をやっつける、というリアルタイムのシミュレーションゲームになっています。

有名作品のパロディ要素が多く、曲名もパロディになっている物が多数あります。

魔王のレベルみたいなものが無いため、プレイヤーが自分のスキルや知識を向上させないといけないのが結構厳しいところです。(このへんは「不思議のダンジョン」シリーズみたいな感じです)
なので私はまだクリアできていないのです。。。


作曲ははまたけしさん。勇者のくせになまいきだ。の1と2のほかには、マリオシリーズやゼルダシリーズの音楽制作にも参加しています。

曲は2ループ収録されているので、じっくりと曲を楽しむことができます。


パッケージデザインでは、中央の魔王さまをはじめとして、ゲーム中で登場する魔物たちの立体モデルが描かれています。ドットっぽい雰囲気もゆうなまの特徴です。

それよりもパッケージのCGはドラえもんの空き地ですよね?サントラのタイトルもジャイアントリサイタルだし(ジャイアンリサイタルのパロディ)。このように至る所にパロディ要素があります。

(配信版を購入したので、パッケージ裏面を眺めたり、CDラベル面を観察出来ないのは残念!)


■曲の感想

ゆうなまの音楽の一番の特徴、それはズバリ「リコーダーの音色」です!

正確にはリコーダーだけでなく、ピアニカなどの小学校の音楽の時間に使うような楽器がメインとなっています。この柔らかな音色が他のゲームの音楽と大きく違っているところです。

しかも演奏しているのはノイジークローク(ゲーム音楽の製作会社)のスタッフということで、どことなく演奏が拙いところも作品の味となっています。


改めてリコーダーやピアニカなどの音色を聞いてみると、非常に温かみを感じます。いくつかの楽器の音色が組み合わさるところなんかは小学校の合奏の発表会のようにも思えます。聞いているだけで癒されます。

また音階が非常にハッキリ出る楽器なだけあって、すごくメロディーがわかりやすいのです。こういうところが昔のゲームっぽいです。

昔ながらのゲーム音楽らしいところ(メロディーがハッキリしている)と、最新のゲーム音楽らしい所(楽器の生演奏を使っている)とを上手く融合させたコロンブスの卵的な発想が素晴らしい所。


全体的にはとぼけたような雰囲気の曲が多いですが、その分肩の力を抜いて曲を聞けます。緊張感のある曲(強い勇者の登場など)もありますが、やっぱり魅力的なのはのんびりとした曲だと思います。
(2は切ない感じの曲も多くて、それも魅力的ですが)

ほかのゲームには無い味のあるサウンドなので、ゲーム未プレイの人でも聞いてみる価値ありのサントラだと思います。


■オレを信じてこれを聴け!

リコーダーざんまい!

1.すべてのはじまり
16.すべてのはじまりor2
・1と2のタイトル曲です。基本メロディーは同じです。
・少し寂しげな雰囲気が漂います。

3.さわやかな朝のダンジョン
・ステージのイントロ曲です。
・ちょっとだけ勇ましい雰囲気が微笑ましい。

6.魔王を守れのテーマ
18.魔王を守れのテーマor2
・1と2の勇者との戦闘シーンの曲です。基本メロディーは同じです。
・焦る雰囲気の曲ですが、リコーダーのとぼけた音色とのギャップが面白い。

9.おだやかな夕暮れのダンジョン
・ステージ4あたりの曲です。
・落ち着いた曲なのですが、リズムがなんとなく楽しげです。

12.なごやかな夜のダンジョン
・ステージ6あたりの曲です。
・ピアニカの音色が目立つ曲。

15.エンディング~素晴らしき地下帝国~
・曲名通り1のエンディングの曲です。
・しんみりとした雰囲気。タイトル曲のフレーズも入っていて総決算感あり。

17.Mawoo!地図
・エリアセレクトなどの曲です。
・真面目な雰囲気の曲です。色々な楽器の合奏で豪華に聞こえます。

19.ニジリゴケは夏色
・エリア1の曲です。
・穏やかで優しい感じの曲調で癒されます。

20.俺はリリスを離さない
・エリア2の曲です。
・少し寂しげな雰囲気が印象的です。

21.いつかのアイスエレメント
・エリア3の曲です。
・この曲もしっとりとした寂しげな曲です。

26.YUUNAMA EARTH
・エリアセレクトの曲です。
・シリアスな雰囲気満載です。音色がキレイ。

27.終わりなきゆうなま
・エリア4の曲です。
・ちょっとだけ勇ましい感じがする曲です。

28.あのつるはしにつるはしを
・エリア5の曲です。
・ゆっくりとした曲でメロディーから哀愁を感じます。

29.トカゲおとこが叫んでる
・エリア6の曲です。
・ピアニカの音色が目立つ曲。力強さを感じます。

32.マオウさんは愉快だな
・2のエンディング曲です。
・集大成の合奏という雰囲気の賑やかさです。


■補足情報

・このサントラを入手しようと思った場合、ネットで新品を容易に入手することが出来ます。しかも定価から少し割引もあったりします。そのため、入手難易度はランクBとしました。

勇者のくせになまいきだ。1&2 ジャイアント・リサイタル

新品価格
¥2,133から
(2017/1/15 23:00時点)




・Amazonデジタルミュージックでの配信です。

勇者のくせになまいきだ。1&2 ジャイアント・リサイタル

新品価格
¥1,500から
(2017/1/15 22:48時点)




・iTunesでも配信されています。
勇者のくせになまいきだ。1&2 ジャイアント・リサイタル

関連記事

テーマ : ゲーム音楽
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京マンタロー

Author:京マンタロー
京(けい)マンタローと申します。
ファミコンとともに子供時代を過ごし、今もほそぼそとゲームをプレイしています。
が、プレイするより所有することのほうがメインになってきて困ってます?

もし記事に問題などありましたら、コメントなどでお知らせ下さい。修正します。

最新記事
カテゴリー
インデックス
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
検索フォーム
カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。