スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イース7 オリジナルサウンドトラック

ゲームメーカー日本ファルコム
ゲームジャンルアクションRPG
CD発売年2009年
CD枚数2枚
入手難易度ランクB
ゲームプレイ有無未プレイ



ys7_1.jpg ys7_2.jpg ys7_3.jpg

メロディー重視度★★★★☆:4
ノリノリ度★★★★☆:4
楽しい曲度★★★☆☆:3
カッコイイ曲度★★★★☆:4
曲の雰囲気★★★☆☆:3
総合評価★★★★☆:4


■サントラ概要

2009年に日本ファルコムからPSP用として発売されたアクションRPG「イース7(Ys SEVEN)」のサウンドトラックです。

CD2枚組のサントラで、Disc1に28トラック、Disc2に24トラックの合計52トラックが収録されています。


前々作であるイースVIが2003年(PC用)、前作であるイースオリジンが2006年(PC用)に発売され、それに続くシリーズ作としてイース7は発売されました。前作・前々作がPCをメインとして発売されたのに比べて、イース7はPSPという家庭用携帯ゲーム機メインで発売されました。

当時、PCゲーム市場が縮小してきており日本ファルコムも家庭用をメインにするように方針転換が行われたため、看板タイトルであるイースシリーズの最新作もPSPで発売されたのです。
(一応イース7にはマルチプラットフォーム構想はあるようですが、今のところPSPだけです)

ゲームタイトル名はイースVIIというローマ数字表記ではなく「Ys SEVEN」という表記になっています。というわけで、このサントラ紹介記事でも「イース7」という表記にしています。


作曲は、日本ファルコムのサウンドチームであるJ.D.Kです。

ループ曲はだいたい2ループ程度は収録されているので、じっくりと聞くことが出来ます。


CDのパッケージは、イース7のタイトルロゴのみのデザインです。
CDのラベル面には、アドルとドギというイースシリーズおなじみのキャラクターが描かれています。


■曲の感想

ナンバリングタイトル前作のイースVIのサントラ曲数が32曲とやや少なめだったのに比べ、イース7は52曲も収録されており、音楽に力が込められていることが伺えます(前が手抜きだった、というわけではないですが)。

自分の好みの問題はあるかと思いますが、イースVIの音楽は今ひとつで、やや期待値以下な所がありました。ですがイース7はイースVIよりは印象的な曲が増えたと思います。イースVI以前のノリが少し戻ってきた、というか。


イース7では音源がよくなった分、イースI、II時代の曲ようなメロディーで勝負するようなタイプの楽曲ではなく、音楽の品質で勝負するタイプの楽曲が多いです。
ただ、粒ぞろいではあるものの、突出して良い曲があまりないという感想を持ちました。もうちょっと「イース7と言えばこの曲!」というのがあってもよかったなあという感じ

イース7の方がイースVIより良さげな曲は多いが、両者で一番の曲同士を比べるとイースVIのほうに軍配があがる、みたいな感想です。なので、自分の場合、サントラのトータル評価はイース7の方が良いが、曲を聞く回数はイースVIの曲のほうが多い、という状態になっています。


とは言え、全体的にクオリティが高く、またフィールドの曲などをはじめとして音楽のノリの良さは健在なので、ゲーム未プレイであっても聞く価値有りのサントラだと思います。


■オレを信じてコレを聴け!

さすが日本ファルコム&イースシリーズという安定感。

■Disc1
1.INNOCENT PRIMEVAL BREAKER GAME VERSION
・オープニングで流れる曲です。カッコイイ。
・完全版の曲がディスク2に収録されているので、そちらの方が良さげです。

2.IN THE BUSTING SQUARE
・市街で流れる曲です。
・ピアノなどによるゆったりと優しいメロディーが心地良い。

3.PUBLIC PALACE
・宮殿で流れる曲です。
・厳かで綺麗な音色による落ち着いた曲です。

5.MOTHER EARTH ALTAGO
・平原で流れる曲です。オススメ!
・テンポが早くカッコイイ!かなりのノリの良さです。

7.VACANT INTERFERENCE
・ボス戦で流れる曲です。オススメ!
・バイオリンの音色、エレキギターの音色がいい感じ。かなり盛り上がる曲です。

10.EXTENSIVE FOREST GREEN
・森で流れる曲です。
・テンポは早いのですが落ち着いた雰囲気があります。なのにカッコイイ。

11.LAND OF FERTILITY
・シャヌアの里というところで流れる曲です。
・少し寂しげな曲調が印象的です。楽器の音色もいい感じ。

14.DESERT OF DESPAIR
・砂漠で流れる曲です。
・かなり激しめの曲です。テンポも早く、テンションが高まります。

17.SMASHING THROUGH THE MOUNTAIN PATH
・渓谷で流れる曲です。オススメ!
・寂しげな序盤から激しい曲調に変化していきます。後半の盛り上がりがスゴイ。

26.CROSSING RAGE!
・イベントバトルで流れる曲です。
・エレキギターの音色もあいまって激しく熱い曲です。

27.DON'T GO SO SMOOTHLY!
・イースIIの同名曲のアレンジです。
・メロディーはそのままに音色が豪華になった感じ。激しい曲調。


■Disc2
2.TO REVEAL THE WAY TO GO
・平原で流れる曲です。オススメ!
・メロディーがかなりはっきりしていて印象的な曲です。カッコイイなあ。

3.ROAD TO SOLITARY DEATH
・月影の道で流れる曲です。
・スピード感があって気分を盛り上げます。特に後半の盛り上がりがいいです。

12.THE PLACE WHERE SOULS RETURN
・ラストダンジョンで流れる曲です。
・ピアノの音色が印象的な繊細な感じの曲です。

13.SCIAS
・サイアス戦で流れる曲です。
・テンション高めの曲で戦いを盛り上げます。

16.HOPE FOR THE HOPELESS
・ティアルナ戦で流れる曲です。
・荘厳な雰囲気でのバトルという感じです。

17.ANCIENT DISPUTATION
・ルル=エンデ戦で流れる曲です。
・かなりのハイテンション曲です。音色が美しく格調高く感じられます。

20.FROM AN EFFORT OF THE REVIVAL
・モノローグで流れる曲です。オススメ!
・オルゴールのような音色、縦笛の音色などの優しい曲調が印象的です。

24.INNOCENT PRIMEVAL BREAKER
・オープニング曲の完全版です。特にオススメ!
・疾走感にあふれていてカッコイイ曲です。音色もイイ。


■補足情報

・このサントラを入手しようと思ったら、ネットだとまだ新品(値引き有り)で入手ができそうです。そのため、入手難易度はランクBとしました。

Ys SEVEN

新品価格
¥2,750から
(2016/10/2 09:31時点)




・CD媒体にこだわらなければ、itunesストアやAmazonデジタルミュージックでの配信版での入手が可能です。

Ys SEVEN オリジナルサウンドトラック

Ys SEVEN オリジナルサウンドトラック

新品価格
¥1,800から
(2016/10/2 09:32時点)




関連記事

テーマ : ゲーム音楽
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京マンタロー

Author:京マンタロー
京(けい)マンタローと申します。
ファミコンとともに子供時代を過ごし、今もほそぼそとゲームをプレイしています。
が、プレイするより所有することのほうがメインになってきて困ってます?

もし記事に問題などありましたら、コメントなどでお知らせ下さい。修正します。

最新記事
カテゴリー
インデックス
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
検索フォーム
カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。