スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪血寺外伝 最強伝説

ゲームメーカーアトラス
ゲームジャンル対戦格闘
CD発売年1995年
CD枚数1枚
入手難易度ランクA
ゲームプレイ有無未プレイ



gouketusai_1.jpg gouketusai_2.jpg gouketusai_3.jpg

メロディー重視度★★★☆☆:3
ノリノリ度★★★☆☆:3
楽しい曲度★★★☆☆:3
カッコイイ曲度★★★☆☆:3
曲の雰囲気★★★★☆:4
総合評価★★★☆☆:3


■サントラ概要

1995年にアトラスからアーケードでリリースされた対戦格闘ゲーム「豪血寺外伝 最強伝説」のオリジナルゲーム音源のサントラです。

全50トラックの収録で、その内18トラックはボイス集、効果音集です。


「豪血寺外伝 最強伝説」は豪血寺一族シリーズの第三弾で、前作「豪血寺一族2」の別バージョンの位置付けのゲームです(餓狼伝説2に対する餓狼伝説SPECIALのような感じ)。前作との大きな違いはタッグマッチになったことです。

豪血寺一族2の時からBGMは妙に力が入っていて、ステージBGMのかなりの曲に歌が入っています。さらにゲームの背景グラフィックとして、ステージ曲を歌っている歌手やバンドが描かれていて演出にも凝っていました。

「豪血寺外伝 最強伝説」のBGMは、豪血寺一族2のBGMと同じ曲データを使って、リミックスするという形で作られたとのことです。


「豪血寺外伝 最強伝説」は豪血寺一族2の延長線上のゲームですが、ややマイナーっぽい位置付けなので、豪血寺一族2のゲーメスト評価などの情報を記載します。

1994年のゲーメスト大賞で
・ベスト対戦格闘ゲーム賞で5位
・ベスト演出賞で2位
・ベストVGM賞で2位

ということで、特異な音楽や演出がかなり高く評価されていたことが伺えます。

また、電波新聞社(ベーマガ)の「第11回 日本ゲーム・ミュージック大賞(94年下半期)」にて、豪血寺一族2のサントラは10位でした。
※データ参考:【日本ゲーム・ミュージック大賞】-ベーマガ総合事典


作曲は田中敬一さん。かつてはSNKに所属しネオジオ系ゲームの作曲を担当した後、アトラスで豪血寺一族シリーズの音楽などを担当されています。

ループする曲(歌も含む)は2ループ収録されているので、じっくりと聞くことができます。


パッケージデザインでは、豪血寺お種(あえてババアと書く)が中央に大きく描かれているほか、ゲーム登場キャラクターが描かれています。
このような濃いキャラクターが豪血寺一族シリーズの特徴です。ちなみに一人を除いて、すべて豪血寺一族の血縁関係です。

CDのラベル面は、サイトロンのサントラの標準的なデザインです。


■曲の感想

豪血寺一族シリーズにはゲーム的にも音楽的にも思い入れはなかったのですが、「豪血寺一族2のBGMは歌入りでスゴイ」という話は聞いていて興味は持っていました。たまたま入った古本・中古CDショップでこのサントラが安く売っていたので、ゲームは未プレイでしたが購入。そういう背景での感想です。


まず最初に思ったのは、曲の良し悪し以前に「収録されている音質が悪い?」ということでした。全体的に音にざらつきがある&音が軽い感じなので、本当はもっと高音質にできたんじゃないかということが気になってしまいます。


音質問題を置いておくなら楽曲については、「格闘ゲームのBGMという枠にとらわれない曲だなあ」、という感想です。フォークソングだったり、野球の応援歌だったり、幼稚園児の合奏だったり、もはや何のゲームの曲なのかわかりません。

とは言え、やっぱりイロモノとしての扱いではあります。豪血寺一族というゲーム自体がストIIという正統派のゲームに対して濃い設定を盛り込んだ「笑い」の要素のあるゲームなので、歌などの曲もギャグ枠としての評価というか。

当時も音楽がいい、というよりは「格闘ゲームなのに奇抜な歌が流れるというインパクトがスゴイ」という評価だった気がします。(もちろん、それぞれの曲・歌には妙に力がこもっているのは間違いありません。)


というわけで、このサントラは豪血寺一族2や最強伝説をプレイして音楽が気に入った人向けだと思います。あるいは変な歌が聞きたい人向けか。

豪血寺一族2を少しプレイしたことがある程度の私が聞いて、改めて音楽が気に入った、というような曲はほとんどありませんでした。


■オレを信じてこれを聴け!

全体的に音質が悪いのが残念。。。

9.ブルーノートスイング
・キース・ウェインステージのテーマです。歌なし。
・大人っぽい雰囲気のオシャレ感がある曲です。

10.坊主が危ない
・陳念のテーマです。声は入っていますが歌ではありません。
・声があやしい雰囲気を醸し出しますが、曲自体はかっこよさげ。

11.男の空手道 -野球応援風-
・大山礼児のテーマです。歌あり(野太い声)。
・野球の応援歌っぽいので印象に残ります。

13.涙の「・・・」 -レゲエバージョン-
・破鳥才蔵のテーマです。歌あり(フォークソングっぽい)。
・哀愁漂います。「ポパペパプー」って何だ?

16.人生一人旅 Part2
・弧空院干滋のテーマです。歌なし。
・演歌調のメロディーや三味線風の音が印象的。


■補足情報

・このサントラを入手しようと思った時、ネットだと中古で定価前後の価格で入手出来そうです。そのため入手難易度はランクAとしました。

豪血寺外伝~最強伝説~

中古価格
¥1,745から
(2016/8/14 17:49時点)




関連記事

テーマ : ゲーム音楽
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京マンタロー

Author:京マンタロー
京(けい)マンタローと申します。
ファミコンとともに子供時代を過ごし、今もほそぼそとゲームをプレイしています。
が、プレイするより所有することのほうがメインになってきて困ってます?

もし記事に問題などありましたら、コメントなどでお知らせ下さい。修正します。

最新記事
カテゴリー
インデックス
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
検索フォーム
カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。