桃太郎電蓄

ゲームメーカーハドソン
ゲームジャンルRPGとボードゲーム
CD発売年1988年
CD枚数1枚
入手難易度ランクB
ゲームプレイ有無クリア済



mtdt_001.jpg mtdt_002.jpg mtdt_003.jpg

メロディー重視度★★★★☆:4
ノリノリ度★★★☆☆:3
楽しい曲度★★★★☆:4
カッコイイ曲度★★★☆☆:3
曲の雰囲気★★★☆☆:3
総合評価★★★☆☆:3


■サントラ概要

ファミコンでハドソンから1987年に発売されたRPG「桃太郎伝説」と、1988年に発売されたすごろく系ボードゲーム「桃太郎電鉄」のアレンジ音楽のサントラです。

29トラックが収録されています。内訳は、桃太郎伝説の曲が20トラック、桃太郎電鉄の曲が9トラックです。

1トラック目から最終トラックまでがノンストップミックスになっていることがこのサントラの特徴です。


・桃太郎伝説
桃太郎伝説はさくまあきら氏によるギャグ満載のRPGです。ハドソンのマル超シリーズの第三弾として発売されました。初代ドラクエが1986年、ドラクエIIが1987年に発売されており、正統派RPGに日本の子供たちが徐々に慣れてきた時代でした。そんな最中に登場した和風の変わり種RPG「桃太郎伝説」はかなり魅力的に見えました。

・術はすべて仙人から教えてもらって習得する
・ヒエンの術(ドラクエでいうルーラ)で移動先を指定できる
・戦闘シーンで突然会話が始まる
など結構新しい取り組みもあって、ギャグRPGといって侮れないゲームでした。


・桃太郎電鉄
桃太郎シリーズ第二弾としてゲームジャンルがいきなり変わりました。ゲームタイトルからして「伝説」をもじって「電鉄」になっていて、さすがギャグ満載の桃太郎伝説のシリーズだなあと思ったものでした。

その後、桃鉄のほうが本家のRPGよりも定番パーティゲームとして有名になっていきます。でも、初代の桃鉄は貧乏神(ボンビー)が登場しない、目的地がプレイヤーごとにバラバラなど、今の桃鉄とはかなり違います。
(桃鉄シリーズのベースになるのは、この次の「スーパー桃太郎電鉄」)


桃太郎伝説、桃太郎電鉄とも作曲は関口和之さん。サザンオールスターズのベース担当です。RPGの桃太郎伝説シリーズ、ボードゲームの桃太郎電鉄シリーズのゲーム音楽を担当しています。


このサントラはノンストップミックス形式なので、あるトラックには前後のトラックの曲が入っています。またループは基本的に1ループ程度なので通して聞くにはいいけど、特定の1曲を聞くには向かない感じです。

※そもそも、ブックレットのいろんな漢字にフリガナがふってあるところをみると、このCDは主に子供向けの桃太郎伝説グッズの1つとして作られた気がします…。


パッケージデザインは、桃太郎伝説・桃太郎電鉄のゲームキャラクターとゲーム製作者のイラストです。イラストレーター土居孝幸さん(どいんさん)のイラストはおなじみですね。ゲーム製作者のイラストまで描かれているのは珍しい。
(「リンダキューブ」や「俺の屍を越えてゆけ」の桝田省治さんもいたりします)

CDのラベル面は、文字情報のみの真面目な感じです。ハドソンのハチスケのマークがなつかしい。


■曲の感想

桃太郎伝説の曲は全体的にポップで楽しげな感じです。ギャグRPGの音楽は楽しくなくちゃダメですよね。原曲のメロディーに非常に忠実なアレンジなので、元の曲を思い出しながら楽しく聞くことができます。

桃伝シリーズ・桃鉄シリーズ通して作曲者は同じなので、曲のクオリティをアップさせたこのアレンジ音楽は後のスーパー桃鉄シリーズの音楽を彷彿とさせるような感じです。


さて桃太郎電鉄の曲は、正直言ってファミコンの原曲をあまり覚えていないんですよね。友達の家でプレイしていた程度だったので。というわけで原曲との比較はできないのですが、桃太郎伝説と同じように楽しそうな雰囲気の曲ばかりです。ゆったりまったりと楽しめるかと。


曲のつなぎとして桃太郎伝説のフィールドの曲「愛と勇気のマーチ」が3回出てきます(「桃太郎の家」も合わせると4回)。いい曲なんですけど、その分ほかの曲が収録できたんじゃないか、という気がしなくもないです。


そのほか、少し残念だったのは「全体的に曲が短めなところ」と、「ノンストップ形式なので曲を個別に聞くのには向かない所」、あとは「全曲収録されているわけではないところ」でしょうか。

このCDの収録時間は21分程度しかないので、容量が足りないわけではありません。やっぱり子供向けグッズとしてのCDだったからか?


というわけで、「ファミコンの桃太郎伝説・電鉄の音楽が好きだった人」「スーパー桃鉄シリーズの音楽の雰囲気が好きな人」向けのCDだと思います。かるーい気持ちで聞くのに向いているかも。


■オレを信じてこれを聴け!

どの曲も短い!だいたい40秒ぐらい。

2.桃太郎の家(伝説)
6.愛と勇気のマーチ(伝説)
10.愛と勇気のマーチ(伝説)
22.愛と勇気のマーチ(伝説)
・同じ曲なのでひとまとめで列挙。オススメ!
・桃太郎伝説のフィールドで流れる曲です。
・のんびりとしていて、楽しい雰囲気いっぱいです。

3.戦闘 1(伝説)
・通常の戦闘シーンで流れる曲です。
・シンプルな曲ですが、テンポが早くてテンションがあがります。

4.力つきて(伝説)
・ゲームオーバー時に流れる曲。
・リコーダーっぽい音色が寂しさを増してます。

7.戦闘 2(伝説)
・強敵戦(あまのじゃくとか)で流れる曲。
・緊張感が高まります。収録時間が非常に短いのが残念。

20.ユキのテーマ(伝説)
・ユキだるま戦で流れる曲だっけ?
・哀愁ただよう感じで、いい雰囲気です。

21.スチャラカ列車で行こう(電鉄)
・桃鉄のマップ曲です。
・軽快で陽気な曲です。

25.決戦!エンマ大王(伝説)
・ラスボス「エンマ大王」戦で流れる曲です。
・非常にシンプルな曲です。ゆっくりな分、威圧感があります。

26.天の声(伝説)
・ドラクエでいう復活の呪文の入力画面で流れる曲。
・綺麗なメロディーの優しい曲です。

28.みんなが待っている(伝説)
・エンディングのスタッフ紹介で流れる曲です。オススメ!
・勇気が湧いてくるようなメロディーです。落ち着いた曲にアレンジされてます。


■補足情報

・このサントラを入手しようと思った時、ネットでは安めに手に入れることが出来そうです。そのため入手難易度はランクBとしました。

桃太郎電蓄

中古価格
¥999から
(2016/8/13 23:21時点)





・ファミコンの桃太郎伝説、桃太郎電鉄のゲームオリジナル音楽を収録したサントラ「ベリー・ベスト・オブ 桃太郎伝説&桃鉄」です。こちらはプレミア価格のようです。

dreampiece ベリー・ベスト・オブ 桃太郎伝説&桃太郎電鉄

新品価格
¥12,800から
(2016/8/13 23:22時点)




※こちらは駿河屋のリンクです。こっちの方が安い?


関連記事

テーマ : ゲーム音楽
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京マンタロー

Author:京マンタロー
京(けい)マンタローと申します。
ファミコンとともに子供時代を過ごし、今もほそぼそとゲームをプレイしています。
が、プレイするより所有することのほうがメインになってきて困ってます?

もし記事に問題などありましたら、コメントなどでお知らせ下さい。修正します。

最新記事
カテゴリー
インデックス
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
検索フォーム
カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示