超兄貴 究極無敵銀河最強男

ゲームメーカーメサイヤ
ゲームジャンルシューティング
CD発売年1996年
CD枚数1枚
入手難易度ランクSS
ゲームプレイ有無クリア済



anikimtk_001.jpg anikimtk_002.jpg anikimtk_003.jpg

メロディー重視度★★★☆☆:3
ノリノリ度★★★★☆:4
楽しい曲度★★★★☆:4
カッコイイ曲度★★★☆☆:3
曲の雰囲気★★★★☆:4
総合評価★★★★☆:4


■サントラ概要

1995年にメサイヤからプレイステーション(およびセガサターン)で発売されたシューティングゲーム「超兄貴 究極無敵銀河最強男」のサントラです。
全17トラックが収録されています。


「超兄貴 究極無敵銀河最強男」は、超兄貴シリーズの第4作目です(第3作目はスーパーファミコンの「爆烈乱闘編」という空中格闘ゲーム)。それまでの超兄貴シリーズはドット絵グラフィックのゲームでしたが、当時の次世代機であるプレステ、サターンにハードが変わることによって実写取り込みのシューティングゲームになりました。

この実写ゲーム化ですが、個人的には生々しくて悪ノリが過ぎるように感じました。ドット絵の超兄貴の時に感じたコミカルさや笑って許せる感じがなくなったと言うか…。
(評判が悪かったのか、超兄貴の実写シリーズはこの1作だけでした)


作曲は葉山宏治さん(初代超兄貴の担当)、岩崎琢さん(愛・超兄貴の担当)、ドン・マッコウさん・笠原咲奈恵さん(爆烈乱闘編の担当)。歴代の超兄貴シリーズの作曲家が集結した豪華メンバーです。


ゲーム中の全曲がサントラに収録されているわけではなく、サントラ未収録の曲があります。(※ちなみにプレイステーション版ゲームソフトは音楽プレイヤーで音楽再生ができます。ただしトラック分けはされていません)

セガサターン版のソフト「超兄貴 究極…男の逆襲」を持っていないので聞き比べをしたわけではないのですが、セガサターン版の音楽は少し違いがあるとのこと。


CDのパッケージは、プレイステーション版のゲームソフトと同じです。韋駄天、弁天、アドンとサムソンと天使たちが写っています。何というか、実写です。雰囲気が怪しすぎるパッケージですね。
CDのラベル面には、「超兄貴 究極無敵銀河最強男」の文字のみがデカデカと印刷されています。


■曲の感想

歴代の超兄貴のサウンドクリエイターが集結してできたサウンド、ということで期待が高まるところですが、私の個人的な感想としては「目をひくような特大のインパクトは少なく、無難にまとまった感じ」でした。


もちろん、超兄貴特有の妖しい雰囲気は継承されています。ですが、これまでの超兄貴シリーズの音楽は雰囲気だけじゃなくて
 ・一度聞いたら忘れられないようなインパクト
 ・意外とメロディーが耳に残る

という面も兼ね備えていたと思います。このような強烈度合いは今回は控えめに感じました。


ほかに超兄貴サウンドならではの「ウッ、ハッ」や、「アニキ」というリズミカルな声が入った曲はあまりありません。その代わりに「もっと声を出して!」「はぁーい」のような言葉のやりとりはあったりしますが、やっぱり野太い男の掛け声系は欲しかった所。


というわけで、従来通りの楽曲クオリティは保たれているものの、超兄貴初代、愛・超兄貴のサウンドに比べると男臭さのパワーが落ちた感じがあります。

これまでのシリーズの音楽と比べて方向性が少しだけ違っている気がするので、実際に聞いてみましょう。
(サントラはプレミア気味なので、ゲームソフトやネットのプレイ動画などでも)


■オレを信じてコレを聴け!

相変わらずの謎クオリティーです。

2.ANIKI 02
・ラスボス戦で流れる曲。作曲は葉山宏治さん。
・曲自体はクライマックス感に溢れますが、兄貴声で脱力です。
・超兄貴初代サントラの収録曲「ANIKI 01」と似た冒頭の電話会話あり。

3.ダンシング観音
・作曲は岩崎琢さん。どこで流れるか調べましたが不明。
・アジアな感じの不安を掻き立てるような曲です。

5.教師と生徒の三角形態
・ステージ2のボス戦の曲。作曲は笠原咲奈恵さん。
・先生の声の熱血具合と、生徒の声のやる気のなさが魅力。

6.蛇使いブラザー
・ステージ1&ボス戦で流れる曲。作曲は岩崎琢さん。オススメ!
・ゆったりした曲調のメロディアスな曲です。
・数少ない「ウッ、ハッ」という掛け声がある曲です。

10.GUN TRAIN
・ステージ6のボス戦の曲。作曲は笠原咲奈恵さん。オススメ!
・スピード感があって、変だけど盛り上がるカッコイイ曲です。
・電車関係のアナウンス声がそれっぽさを出してます。

11.イダテン・ベンテン
・ステージ8のボス戦の曲。作曲はドン・マッコウさん。
・「ハイハイハイ」という声や「イダテンテン」など声関係のインパクトが大。

15.ラストバトル(ウッ…ハ!)
・ステージ11、12で流れる曲。作曲は岩崎琢さん。オススメ!
・激しいテンションの曲です。パワフルでカッコイイ。

16.究極無敵銀河最強男 リプライズ
・究極無敵銀河最強男を操作するステージの曲です。作曲はドン・マッコウさん。
・ジャン、ジャン、ジャンという効果音が印象的。


■補足情報

・「超兄貴 究極無敵銀河最強男」のサントラは、ネット通販では結構な高めでの取引となっています(ようはプレミア価格)。そのため入手難易度はランクSSとしました。

超兄貴 究極無敵銀河最強男

中古価格
¥7,820から
(2016/8/7 15:55時点)




・プレイステーション版のゲームソフトです。廉価版なのでパッケージイラストが若干マイルドになっています。

超兄貴 究極無敵銀河最強男

中古価格
¥2,008から
(2016/8/7 15:56時点)




関連記事

テーマ : ゲーム音楽
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京マンタロー

Author:京マンタロー
京(けい)マンタローと申します。
ファミコンとともに子供時代を過ごし、今もほそぼそとゲームをプレイしています。
が、プレイするより所有することのほうがメインになってきて困ってます?

もし記事に問題などありましたら、コメントなどでお知らせ下さい。修正します。

最新記事
カテゴリー
インデックス
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
検索フォーム
カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示