スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンクスゥイーツ ~鋳薔薇それから~ オリジナルサウンドトラック

ゲームメーカーケイブ
ゲームジャンルシューティング
CD発売年2006年
CD枚数2枚
入手難易度ランクB
ゲームプレイ有無プレイ有



pinks_1.jpg pinks_2.jpg pinks_3.jpg

メロディー重視度★★★★★:5
ノリノリ度★★★★★:5
楽しい曲度★★★☆☆:3
カッコイイ曲度★★★★☆:4
曲の雰囲気★★★★☆:4
総合評価★★★★★:5


■サントラ概要

2006年にケイブ(販売はAMI)からアーケードでリリースされたシューティングゲーム「ピンクスゥイーツ~鋳薔薇それから~」のオリジナルゲーム音源のサントラです。

2枚組のサントラで、DISC1にはゲームオリジナル曲が30トラック(ゲーム曲が18トラックとボイスコレクションが12トラック)、DISC2はアレンジ曲が12トラック収録されています。


「ピンクスゥイーツ~鋳薔薇それから~」(以下、ピンクスゥイーツ)は、2005年に登場したシューティングゲーム「鋳薔薇」の続編です。鋳薔薇もピンクスゥイーツも「バトルガレッガ」を制作したスタッフ中心で作られたゲームであり、シビアなランク調整が必要なゲームです。

ピンクピンクしたイメージイラストだし、自機も敵ボスも女キャラばかりなのに難易度的には玄人向けなゲームで、ゲーセンでの出回りや人気はあまりよくなかった印象です。

ちなみにピンクスゥイーツは2011年にXBOX360に「むちむちポーク!」とのセットで移植されています。


ピンクスゥイーツのサントラはケイブのサントラの例に漏れず、最初は「ケイブ祭り」という期間限定のイベント(秋葉原などで開催、オンライン通販もあり)でしか販売していなかったので、流通量が少なくレア化していました。
その後、ケイブのホームページで常時ネット通販をするようになったので、ある程度欲しい人に行き渡りましたが、現在は新品の供給はないので中古品を探すしかない状態となっています。
(ただし、このピンクスゥイーツのサントラは比較的入手しやすいみたいです)

XBOX360のゲームソフト「ピンクスゥイーツ&むちむちポーク!」の初回限定版にはゲームのサントラが付属していますが、ゲームオリジナル版サントラではなく、360用の曲のサントラとのことです。


ゲームオリジナル曲の作曲はケイブ社のサウンドチームで、曲ごとに担当は違うようです。(某所からの情報だと松本大輔さん、齊藤尚寛さん、内藤那津子さん、まさKINGさん、MICHI"PAD-A"さん、宮本武さん、柿沼里絵子さんとのこと)

曲については2ループ収録されており、じっくりと楽しむことができます。


また、DISC2のアレンジ版は以下の著名ゲーム音楽作曲家がアレンジを担当しています。
 ・阿部公弘さん (虫姫さまふたり、朧村正、オプーナなど)
 ・金田充弘さん (エスプガルーダII、オーディンスフィア、オプーナなど)
 ・細江慎治さん (リッジレーサー、ドラゴンスピリットなどナムコ系多数)
 ・埼玉最終兵器さん (ゲーム音楽のアレンジ多数)
 ・古代祐三さん (イース、ソーサリアン、世界樹の迷宮など)
 ・佐宗綾子さん (リッジレーサー、ほかはアリカ系多数)
 ・岩田匡治さん (オウガバトルシリーズ、FFタクティクスシリーズなど)


CDのパッケージデザインでは、唯一の男キャラ(敵)のビッグ=バーンと、2人の女キャラ(敵)のキャラメル=ピンク&メープル=ピンクが描かれています。全体的に原色ピンク満載だし、ゲームタイトルからゲーム内容が想像できないしで、非常に妖しいパッケージだと思います。

CDラベル面には、ピクチャーレーベルで主人公チームであるローズ姉妹が描かれています。どこかが間違ったギャルゲーみたいな雰囲気ですね。


■曲の感想

ゲームタイトル名やパッケージのイラストなどからどう考えてもイロモノで、一般人を遠ざけているとしか思えないのですが、このゲームで使われている音楽は非常に真っ当で、普通にオススメできる内容となっています。


どの曲もユーロビート調と言いますか、ハイスピードでハイテンションかつノリノリです。音色はギンギンの電子音(テクノサウンド)で昔ながらのゲーム音楽っぽい雰囲気満載です。ちょっと高音がキンキンしすぎていて耳が痛くなりそうなのが玉にキズ。

ステージごとに作曲者はバラバラのようなのですが曲調に統一感があり、場違い感のある曲はありません。どの曲もピンクスゥイーツらしい曲調です。

ゲーム自体がケイブシューティングの中でもマイナーなので曲を聞いたこともない人が多いと思いますが、ゲーム未プレイの人であってもオススメできるサントラだと思います。特に「ゲーム音楽には何よりノリを重視する」という人にはバッチリハマるんじゃないでしょうか。


DISC2は多数の作曲者によるアレンジなのですが、こちらもかなり聞き応えがあります。「ダンスミュージックっぽいアレンジをしてください」という注文があったんじゃないかと思うぐらい、全体的な方向性が統一されています。

こういうアレンジ企画だと、正直言ってイマイチ期待ハズレ?となるようなアレンジ曲もあったりするのですが、どれも楽しめるアレンジだと思います。
作曲家さんごとの色は薄めかもしれませんが、ピンクスゥイーツ色としてはバッチリなアレンジなんじゃないでしょうか。


●サントラ特筆事項1
ゲームのイメージソング(ボーナストラック)として収録されている「イバラブソング」がかなり強烈です。作詞・作曲・歌はこのゲームの作曲も担当している「内藤那津子」さん。

後に「むちむちポーク!のうた」、「デススマイルズのうた」、「怒首領蜂大復活のうた」などの迷曲を作り出す内藤さんの(おそらく)初ボーカル収録です。

イロモノソングには違いないのですが、インパクト抜群で記憶に残ります。(バララ、バララ、イバラヴュ・・・)


●サントラ特筆事項2

DISC1にゲーム中のボイス集があるのですが、
 ・自機キャラクター:ケイブ社の社員さん(素人)が声を担当
 ・敵ボスキャラクター:声優さん(プロ)が声を担当
となっています。

社員さんの熱演ぶりは感じるのですが、いかんせん声優さんのボイスの演技力とは明確に違いがわかるので、その無慈悲な差を感じるのも一興かと。


■オレを信じてこれを聴け!

曲名はイタリア語らしいです。

■DISC1(ゲームオリジナルバージョン)
1.Inizio di strategia! -作戦開始!-
・プレイヤーセレクトで流れる曲です。作曲は松本大輔さん。
・しょっぱなからハイテンションな曲でお出迎えなのです。

2.Mama! Ora va! -ママ!今行くよ!-
・ステージ1の曲です。作曲はまさKINGさん、柿沼里絵子さん。
・テンポが非常に早いです。どことなく明るい雰囲気。

3.Drago blu -青龍-
・ボス戦の曲の1つ。作曲は宮本武さん。
・テンポや曲調のせいもあり非常に焦る曲です。

5.Verde di circostanza -コンディション良好-
・ステージ2の曲です。作曲は松本大輔さん。
・冒頭のキンキンした音で耳が痛いです。その後はややなめらかな曲調。

6.Tigre bianca -白虎-
・ボス戦の曲の1つ。作曲は宮本武さん。
・リズムがおもしろい曲です。曲の後半からさらに緊張感がアップ。

7.Sorelle forti -最強の姉妹-
・ステージ3の曲です。作曲はMICHI"PAD-A"さん。オススメ!
・シリアスな雰囲気の曲です。似たようなフレーズの繰り返しが印象的。

8.Svolta! -ターニングポイント! -
・ステージ4の曲です。作曲は松本大輔さん。
・テンポは早いですが聞きやすいメロディー。どことなくアラビアンな感じ。

9.Funzioni con esso! -駆け抜けろ!-
・ステージ5の曲です。作曲はMICHI"PAD-A"さん。
・何というかダンサブルな曲なのです。「ホーゥ」という掛け声まで入ってるし。

10.Ale che non cadono -堕ちない翼-
・ステージ6の曲です。作曲は内藤那津子さん。オススメ!
・すごく悲壮感が漂うメロディーです。ピアノのようにも聞こえる音色。
・内藤那津子さんって変な歌だけじゃなく普通の作曲もできるんだ!!

11.Per salvare la mia madre! -御母のもとへ!-
・ステージ7の曲です。作曲は齊藤尚寛さん。
・いよいよクライマックスといった曲調。非常にシリアスな雰囲気です。

13.Uccello rosso -朱雀-
・真のラスボス戦の曲です。作曲は宮本武さん。
・弾幕シューティングのクライマックスらしい焦らせる曲です。

14.Sogno di rosa eterno ~Nn ballo della rosa -永遠の薔薇の夢~薔薇の踊り-
・エンディング~スタッフロールの曲です。作曲は不明?
・ゆったりとしたイントロから突如ハイテンションな曲になるギャップがすごい。

18.Canzone Di Amore Di Ross -IBALOVE☆SONG-
・イメージソングです。作詞、作曲、歌は内藤那津子さん。
・面白ソングではありますが、サビ部分とかが耳に残ります。


■DISC2(アレンジバージョン)
1.Citrus depressa from hell
・アレンジャーは阿部公弘さん。
・しっとりとした曲調へのアレンジです。原曲はどれかよくわかりませんでした。

2.Is pink finally necessary?
・アレンジャーは金田充弘さん。オススメ!
・曲冒頭の部分が入って緊張感、深刻感がパワーアップしました。

3.Verbe di circostanza
・アレンジャーは細江慎治さん。
・メインメロディーがより電子音っぽくなる&よりリズミカルになりました。

4.Tigre bianca - Another Mix
・アレンジャーは埼玉最終兵器さん。オススメ!
・原曲もいいですが、よりカッコよさが加わった感じに。

5.Sorelle forti ~euro pop mix
・アレンジャーは古代祐三さん。
・ちょっと声が入ったりして大人っぽい雰囲気になりました。

6.Svolta! ~trance rockmix
・アレンジャーは古代祐三さん。
・原曲の面影は残しつつ、大胆に変えてきたなあという印象です。

7.Funzioni con esso!
・アレンジャーは佐宗綾子さん。
・弦楽器の生音や人の音声が入って妖しい雰囲気がアップ。

8.Ale che non cadono - Another Mix
・アレンジャーは埼玉最終兵器さん。
・メロディアスな原曲をよりカッコよくさせた感じです。

9.Per salvare la mia madre! ~hard style mix
・アレンジャーは古代祐三さん。
・音色がピアノになったり、鐘の音が入ったりして独自の世界観に。

10.Sweets Nerd
・アレンジャーは岩田匡治さん。
・静かな雰囲気の曲です。原曲はどれかよくわかりませんでした。

11.Uccello rosso
・アレンジャーは細江慎治さん。
・バリバリのテクノっぽくなりました。

12.Sogno di rosa eterno - Another Mix
・アレンジャーは埼玉最終兵器さん。
・曲後半の激しくなる部分がより激しく、かつロングバージョンになりました。


■補足情報

・このサントラを入手しようと思った場合、ネットでは中古で比較的安めの価格になっているようです。そのため入手難易度はランクBとしました。

「ピンクスゥイーツ~鋳薔薇それから~」オリジナルサウンドトラック

中古価格
¥2,499から
(2016/7/9 09:11時点)




・iTunesやAmazonデジタルミュージックでのダウンロード販売があります。ただし、DISC1のオリジナル音源版だけで、DICS2のアレンジ版はなさそうです。

iTunes: ピンクスゥイーツ

ピンクスゥイーツ

新品価格
¥1,200から
(2016/7/9 09:12時点)




・XBOX360の限定版ソフトです。XBOX360バージョンのアレンジ音楽CDが付いています。ただし、プレミア価格になっています。

むちむちポーク&ピンクスゥイーツ (限定版)

中古価格
¥11,895から
(2016/7/9 09:15時点)




関連記事

テーマ : ゲーム音楽
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京マンタロー

Author:京マンタロー
京(けい)マンタローと申します。
ファミコンとともに子供時代を過ごし、今もほそぼそとゲームをプレイしています。
が、プレイするより所有することのほうがメインになってきて困ってます?

もし記事に問題などありましたら、コメントなどでお知らせ下さい。修正します。

最新記事
カテゴリー
インデックス
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
検索フォーム
カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。