スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンクエストのうた~ドラゴンクエストベストソングスセレクション~

ゲームメーカーエニックス
ゲームジャンルRPG
CD発売年1993年
CD枚数1枚
入手難易度ランクS
ゲームプレイ有無クリア済



DQsong_1.jpg DQsong_2.jpg DQsong_3.jpg

メロディー重視度★★★★★:5
ノリノリ度★★★★☆:4
楽しい曲度★★★★★:5
カッコイイ曲度★★★☆☆:3
曲の雰囲気★★★★☆:4
総合評価★★★★★:5


■サントラ概要

ドラゴンクエストI, II, III, Vの音楽に歌詞を付けて歌っちゃおう、という企画物CDです。歌っているのはルーラ(Loula)。

収録されているトラック数は9トラックですが、うち2曲はインストゥルメンタルなので、収録されている歌は7曲です。


ルーラは、ドラゴンクエストV(スーパーファミコン:1992年)の曲「結婚ワルツ」に歌詞を付けたシングルCD(1993年)でデビューしました。
(同時収録曲は、ドラゴンクエストIIの「この道わが旅」)

その後、新曲を5曲追加して通常CDとして発売されたのが本作「ドラゴンクエストのうた」です。


ルーラは、志村真澄さんと伊藤真由美さんの女性2人によるデュオで、ドラゴンクエストの歌を歌うために結成されたようです。デュオ名のルーラは、当然ドラゴンクエストの移動呪文のルーラから来ています。
(まあ、ルーラとしてのCDはシングルCDとこのCDだけなので、最初で最後の結成な感じですが。)


作詞はアニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」のオープニング曲「勇者よいそげ」を作詞した及川恒平さん
編曲は栗田信生さん。すぎやまこういち先生自らの編曲じゃないので、ちょっと違った雰囲気が味わえます。


パッケージは、ルーラの2人が緑色のドレスを着ている写真です。結構神秘的な雰囲気。

CDのラベル面にはギザギザの幾何学的模様が描かれていて、そこに収録曲などの情報が記載されています。ちゃんとCDを上向きにセットすると、ディスクケースのギザギザマークと合体するようになっているんですね(今気づいた)。


【余談】
ドラゴンクエストの曲に歌詞を付けた歌と言えば、ドラゴンクエストIIの復活の呪文入力画面で流れる曲「Love Song探して」(牧野アンナ)が有名(?)です。

ですが、このCDには「Love Song探して」は収録されていません。その代わり同じメロディーに対して別の歌詞を付けた「薔薇ふる空」という曲が収録されています。元の歌詞がある曲なので、そちらも収録があればよかったなあ。

(とは言いつつ、「Love Song探して」が良い歌詞か?と聞かれると微妙かもしれませんけど)


■曲の感想

この「ドラゴンクエストのうた」ですが、一般的には「イロモノCD」的な扱いかもしれませんが、私は結構いい曲(歌)じゃないかと思っています。

まず第一に、ほぼ原曲のメロディーそのままに歌詞を付けているので、曲全体のイメージが損なわれないことです。
なので、ゲームをプレイしながら歌ったりすることもできます。

歌詞自体はちゃちい部分もあるかもしれませんが、元々歌詞をつける予定のなかった曲に歌詞をつけるという難題の成果なので、そこは割り引いて考えても良いんじゃないかと。


第二には、女性2人による声が良いということです。2人による掛け合いやハモリがあったりします。ゲーム曲に歌詞をつける企画は他にもいくつか有りますが、2人組というのは珍しい。


ということで、かなり個人的な評価ではありますが、総合評価的には★5つです。

でも、配信はされていない(2016年現在)ので、CDでしか入手手段はありません。そのため、音源は入手がやや難し目なのが辛い所。
(しかも、曲数が少なくて30分ぐらいしか収録時間が無いので、CD入手に高値を払うのはちょっと。)


以下に全曲感想を書きます。
一部の曲はカラオケで歌うことも出来ます。「歌手:ルーラ」の検索で出てきたりするので、歌いたい人は試してみては?

1.序曲~プロローグ~(インストゥルメンタル) [2分00秒]
・元曲はドラクエIなどの「序曲」(ロトのテーマとも言う)
・歌は付いていないインストゥルメンタルの曲です。
・聞き慣れた序曲ですが、明るい雰囲気の編曲でより元気が湧いてくるイメージ。
・イントロ部分がほかの序曲の演奏では聞いたことがないメロディーなので、貴重かもしれません。


2.結婚ワルツ [3分37秒]
・元曲はドラクエVの「結婚ワルツ」
・先立って発売されたシングルCDからの再録です。
・結婚の喜びや嬉しさなどを表したような歌詞です。
・元のゲーム中でも結婚式で流れる曲なので、イメージにあっている感じ。
・カラオケで配信されていたりします。


3.街 [3分37秒]
・元曲はドラクエIIIの「街」
「街についたら何をする?→話を聞く!」みたいなRPGのお約束を歌った曲です。しかも4番まで歌詞があるのがイカス!ゲームソングとしては満点ではないでしょうか。
・楽しくにぎやかな編曲になっているので、明るい気分になれます。
・カラオケで配信されていたりします。


4.もうひとつの名前 [4分00秒]
・元曲はドラクエVの「哀愁物語」
・もともと悲しく、切ない曲なのでそれに合わせた歌詞になっています。
・2人の掛け合いだったり、ハモリだったり、かなり力が入った曲で聞き応えがあります。


5.薔薇ふる空 [3分48秒]
・元曲はドラクエIIの「Love Song探して」。歌詞変更バージョンです。
・牧野アンナの「Love Song探して」と同じく、アイドル曲っぽい雰囲気です。
・歌詞に謎な言葉が多いです。タイトルの「薔薇ふる空」からしてそうですが、「夢見スト」(?)「瑠璃ちる森」(?)など、作詞にかなり困難を要したことが伺われます。
・元曲のメロディーはご存知の通り名曲なので、この謎な歌詞も意外と記憶に刻まれてしまいます。
・「Love Song探して」はカラオケ配信されていますが、「薔薇ふる空」は配信されていません。


6.海の子守唄 [4分23秒]
・元曲はドラクエIIIの「海を越えて」
・ゆったりとした元曲にあわせたようなのんびりとした歌です。
・作詞の及川恒平さんの思い入れのある曲だそうです。後に自らも歌っています。
「及川恒平さんのホームページ」に、この曲についての思いなどが書いてありました。


7.町の人々 [3分57秒]
・元曲はドラクエIの「街の人々」
・おもしろ曲だった「ドラクエIIIの街」の歌と違って、かなり真面目な歌です。普通に名曲だと思う。
・カラオケで配信されていたりします。でも2人のハモリ部分は1人では完全には歌えない。


8.この道わが旅 [3分46秒]
・元曲はドラクエIIの「この道わが旅」。元々ある歌詞そのままです。
・先立って発売されたシングルCDからの再録です。
・アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」で流れていた男性版(団 時朗版)の歌のイメージが強い曲ですが、ルーラ版のさわやかな感じも良いです。
・ルーラ版ではないですが、曲自体はカラオケで配信されていたりします。


9.結婚ワルツ~エピローグ~(インストゥルメンタル) [2分16秒]
・元曲はドラクエVの「結婚ワルツ」。歌なしのインストゥルメンタル版です。
・歌バージョンのオフボーカル版ではなく別物です。優雅なアレンジになっています。


■オレを信じてこれを聴け!

全曲これを聴け!のオススメです!
そのなかでも特にオススメの曲名のみを挙げます。

1.序曲~プロローグ~(インストゥルメンタル) 

3.街

5.薔薇ふる空

7.町の人々


■補足情報

・このサントラを入手しようと思った場合、ネットでは中古でも定価超えのプレミア価格になっているようです。そのため、入手難易度はランクSとしました。

ドラゴンクエストのうた~ベスト・ソング・セレクション

中古価格
¥5,799から
(2016/3/12 10:45時点)




関連記事

テーマ : ゲーム音楽
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京マンタロー

Author:京マンタロー
京(けい)マンタローと申します。
ファミコンとともに子供時代を過ごし、今もほそぼそとゲームをプレイしています。
が、プレイするより所有することのほうがメインになってきて困ってます?

もし記事に問題などありましたら、コメントなどでお知らせ下さい。修正します。

最新記事
カテゴリー
インデックス
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
検索フォーム
カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。