ペルソナ3 オリジナル・サウンドトラック

ゲームメーカーアトラス
ゲームジャンルRPG
CD発売年2006年
CD枚数2枚
入手難易度ランクB
ゲームプレイ有無未プレイ



P3_1.jpg P3_2.jpg P3_3.jpg

メロディー重視度★★☆☆☆:2
ノリノリ度★★☆☆☆:2
楽しい曲度★★★☆☆:3
カッコイイ曲度★★★★☆:4
曲の雰囲気★★★★☆:4
総合評価★★★☆☆:3


■サントラ概要

2006年にアトラスからプレイステーション2で発売されたRPG「ペルソナ3」のオリジナルゲーム音源のサントラです。

サントラは2枚組で、DISC1に32トラック、DISC2に26トラックの計58トラックが収録されています。
(DISC2の最後の曲は、サントラのみに収録のアレンジ曲です)


ペルソナ3は女神転生シリーズの派生であるペルソナシリーズの第3作です。それまでのペルソナシリーズであるペルソナ1、2という女神異聞録系から、世界観や雰囲気が変わっていくきっかけとなるタイトルでした。

さて、このペルソナ3ですが非常にクール&ポップな雰囲気を醸しだしております。音楽もボーカル曲を大胆に使用しており、非常に意欲的なゲーム音楽となっています。


このペルソナ3のサントラは、ゲーム音楽のサントラとしては異例の売り上げだったことも有名で、数万枚程度の売上があったようです。また2012年ぐらいからペルソナミュージックのライブイベントも毎年開催していることから、音楽の人気の程が伺えます。


作曲は目黒将司さん。ペルソナ3あたりからのアトラスの作品の音楽を色々と担当されています。

ループする曲は2ループ収録されているので、じっくりと聞くことができます。


パッケージデザインは、主人公と2人のキャラクター(岳羽ゆかり、伊織順平)らが教室にいるところのイラストです。青色を基調とした色使いで、非常にクールな印象を受けます。

CDのラベル面は、主人公のイラストです。青一色が印象的なデザインです(初回版は青の単色ではなくて、ピクチャーレーベルで色付きのようです)。


余談ですが、ペルソナ3にはシナリオ追加版の「ペルソナ3フェス」とPSP移植版の「ペルソナ3ポータブル」があります。それぞれの追加曲を収録したサントラが別個に販売されています。


■曲の感想

さて、従来のゲームミュージックの枠にとらわれない音楽が衝撃的だったペルソナ3です。

音楽のファンも多いこのゲームに対して言いづらいのですが、個人的には
「うーん、まあ悪くはないかな」
ぐらいの感想でした。
(ゲーム未プレイということもありますけど)


もちろん音楽のクオリティの高さはわかります。もしペルソナ3の音楽がテレビ番組で使われていても、「あ、これゲームの音楽だ」と気づかないと思います。
ほかには、「こんなボーカル曲が戦闘シーンの曲なの!?」みたいな驚きもありましたし、「この曲いいなあ」と気に入った曲もあります。

でも全体的には、雰囲気音楽というか、なんとなーく聞き流せてしまう曲が大半なように感じました。なんというかブティックとかのお店のBGMでかかっているような、特に脳内記憶には留まらないような音楽といった感じ。
いや、けなす意味ではなく。


もちろん私の感性がちょっと古くて良さを十分感じられてない、というのもあると思います(Amazonの評価は非常に高いところで安定しているので、その可能性は高い)。

ですが、「こういう曲ならわざわざゲーム音楽という括りにこだわって聞かなくてもいいかな」と思ったのも事実。

作業しながらの”ながら聞き”をするのには、邪魔にならない感じで良さそうな音楽だと思いました。


ということで、「実際にペルソナ3をプレイして、音楽単体でも味わいたい」という人、または「ゲーム音楽界に新たな風を吹き込んだと言われているペルソナ3サウンドを聞きたい」という人にはオススメです。

※私は後者枠として聞きましたが、残念ながら上記のような感想でした。ペルソナ3のソフト自身は積みゲーしているので、いつかはプレイしたい。


■オレを信じてこれを聴け!

収録曲数は多いですが、コレはイイ!と思った曲は少なめでした。
特にDISC2は似たような曲が多いのでその傾向が顕著。

■DISC1
1.Burn My Dread
・オープニングで流れるボーカル曲です。
・いかにもなオサレ感で、気だるげな雰囲気。

2.全ての人の魂の詩
・ベルベットルームで流れるペルソナお馴染みの曲とのこと。特にオススメ!
・ピアノとコーラスが非常に美しい。後半にいくにつれ盛り上がるところも良い。

6.Troubled
・深刻な雰囲気をビンビンと感じる曲です。
・静かなピアノの調べが印象的。

16.Mass Destruction
・戦闘シーンで流れるという衝撃的な曲!
・ベイベベイベだし、ダラッタッターだし、いろいろと驚きです。

30.深層心理
・怪しい雰囲気の曲です。でもオサレ。
・ボーカルが入っていますが、歌というよりシャウトという感じ。


■DISC2
1.Changing Seasons
・後半からの陽気なトランペットが印象的な曲。
・常に何か囁いている。フランス語?

19.全ての人の魂の戦い
・ラスボス戦で流れる曲です。特にオススメ!
・「全ての人の魂の詩」のバトル用アレンジです。格調高い雰囲気。


■補足情報

・ペルソナ3のサントラを入手しようと思った時、人気サントラなだけあって今でも新品を入手できるようです。そのため入手難易度はランクBとしました。

ペルソナ3 オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,300から
(2016/1/10 21:40時点)




「ペルソナ3フェス」の追加曲のサントラです。本編の曲は収録されていません。

「ペルソナ3フェス」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥1,664から
(2016/1/10 21:41時点)




「ペルソナ3ポータブル」の追加曲のサントラです。本編の曲は収録されていません。

ペルソナ3ポータブル オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥1,340から
(2016/1/10 21:41時点)




関連記事

テーマ : ゲーム音楽
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京マンタロー

Author:京マンタロー
京(けい)マンタローと申します。
ファミコンとともに子供時代を過ごし、今もほそぼそとゲームをプレイしています。
が、プレイするより所有することのほうがメインになってきて困ってます?

もし記事に問題などありましたら、コメントなどでお知らせ下さい。修正します。

最新記事
カテゴリー
インデックス
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
検索フォーム
カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示