スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イレギュラーハンターX/ロックマンロックマン オリジナルサントラ

ゲームメーカーカプコン
ゲームジャンルアクション
CD発売年2009年
CD枚数1枚
入手難易度ランクSS
ゲームプレイ有無未プレイ



rockmanrockman_1.jpg rockmanrockman_2.jpg rockmanrockman_3.jpg

■イレギュラーハンターX
メロディー重視度★★★★☆:4
ノリノリ度★★★★☆:4
楽しい曲度★★★☆☆:3
カッコイイ曲度★★★★★:5
曲の雰囲気★★★★☆:4
総合評価★★★★☆:4

■ロックマンロックマン
メロディー重視度★★★★☆:4
ノリノリ度★★★★☆:4
楽しい曲度★★★★★:5
カッコイイ曲度★★★☆☆:3
曲の雰囲気★★★★☆:4
総合評価★★★★☆:4


■サントラ概要

これは市販のサントラではなく、ゲームソフトの特典CDです。

カプコンから発売された2本のPSPソフト「イレギュラーハンターX」(2005年)と、「ロックマンロックマン」(2006年)がありました。

2009年にこの2本をセットにした「イレギュラーハンターX/ロックマンロックマン バリューパック」が発売されました。この先着購入特典のサントラCDが「イレギュラーハンターX/ロックマンロックマン オリジナルサウンドトラック」です。


イレギュラーハンターXで15トラック、ロックマンロックマンで15トラックの全30トラックが収録されています。

2009年にはこの特典CDしか2本のゲームのサントラは存在しなかったのですが、残念ながら全曲収録はされていません
(収録されている曲目は、写真を参照ください。どちらも8つのステージ曲のうち6つしか収録されていません)


特典CDというオマケ扱いのものなので紙パッケージに入った形でのサントラです。ですが、イラストも専用に書き起こされているし、結構力が入っていることが伺えます。

・パッケージの表面はロックマンロックマンのキャラクターが勢揃いで楽器を演奏しているところ。
・パッケージの裏面はロックマンXのエックスとゼロがギター演奏しているところ。


ちなみに、全曲を収録したサントラは、2014年販売のサントラBOXまで登場を待たなければいけませんでした。それぞれ、以下のBOXに収録されています。
 ・イレギュラーハンターXの曲は「ロックマンXサウンドBOX」
 ・ロックマンロックマンの曲は「ロックマンサウンドBOX2」

いずれも1万円ぐらいするので、すでに所有しているサントラがある場合は購入に覚悟がいる商品だと思います。


最後に簡単にゲームの紹介などを。
(ちなみに、私は特典CD目当てでゲームを買い、ソフトはまだ未開封なのです。)

■イレギュラーハンターX

・スーパーファミコンで1995年に発売された「ロックマンX(初代)」のリメイクです。

・グラフィックや音楽が新しくなり、音声やアニメーションが追加されています。

・VAVAモードという追加モードがあります。


■ロックマンロックマン
・ファミコンで1987年に発売された「ロックマン(初代)」のリメイクです。

・キャラクターが丸っこい2頭身のCGキャラになったりしていて、見た目はかなり違います。

・ボスキャラクターにタイムマンとオイルマンの2体が追加されています。

・カプコン的には「ロックマンロックマン2」、「ロックマンロックマン3」と続けたかったようですが、それはかないませんでした。


■曲の感想

このゲームについての私の知識レベルですが、以下のようになります。その上での感想ということをご了解下さい。

・ファミコンの初代ロックマンはクリア済みで、曲もよく聞いている。
・スーパーファミコンのロックマンXは未プレイで曲も知らない。
・PSP版の「イレギュラーハンターX」、「ロックマンロックマン」は未プレイ。


■イレギュラーハンターX
全体的にハードロックの激しい曲揃いという印象です。ギターなんかは生演奏っぽく感じられるほどの音のクオリティで、かなり聞き応えが有ります。

テンポが早くてカッコイイ曲が多く、スーパーファミコンの元の曲を知らなくても十分イイと思いました。
またカッコイイだけでなく、悲壮感が漂うような曲調であるところもいいですね。スーパーファミコン版の曲を知っている人なら聞き比べもできて、より楽しめるかもしれません。

ただ、ステージ曲がどれも似た雰囲気にも感じられたので、ステージごとにハッキリとした違いがあればもっと印象に残ったかも。

全曲収録されていないのが残念ですね。聞きたいならサントラBOXを買うしか・・・。



■ロックマンロックマン
キャラクターが可愛らしくなったのに合わせて、音楽も非常に可愛らしくなっています。

元のファミコン版の曲は結構ハードな雰囲気も感じられましたが、ロックマンロックマンの曲はポップな楽しい感じの雰囲気になっていて結構ギャップがあります。とは言え別に悪いわけではなく、アレンジ曲としてかなり楽しめます。

元のファミコン版の曲が名曲揃いなので、ロックマンロックマンでメロディーに忠実なアレンジになっているのは嬉しいところ。

というわけで、ファミコン版ロックマンの曲が好きな人は聞いてみる価値ありだと思います。私の場合は、改めて初代ロックマンの曲のほうが好きだなあと感じましたけど。

ちなみに、追加ボスのタイムマンステージ、オイルマンステージの曲は、今ひとつでした。


■オレを信じてこれを聴け!

特典CDとしては十分なデキだと思います。

■イレギュラーハンターX
2.オープニングステージ-エックスのテーマ-
・スピード感満載の非常にカッコイイ曲です。
・すごくシリアスな感じがビリビリと伝わってきます。

3.ステージスタート
・ロックマンシリーズお馴染みのステージスタートの曲です。
・音が豪華なのでリッチな気分。

4.ランチャー・オクトパルドステージ
・早いテンポの軽快な音楽です。やっぱりカッコイイ。
・何となく水を思わせるような音色です。

6.ブーメル・クワンガーステージ
・すごく印象的なメロディーを持つ曲です。オススメ!
・曲のサビにあたる部分が非常に盛り上がります。

8.スパーク・マンドリラーステージ
・甲高い音色で奏でられるメロディーが印象的な曲。
・かっこよさと悲壮感を兼ね備えた曲だと思います。

9.アーマー・アルマージステージ
・妖しい雰囲気が漂う奇妙なメロディーの曲です。
・それなのにカッコイイという不思議な曲。

10.ボスバトル
・曲自体はやや単純ですが、盛り上がる曲調です。
・曲のテンポが早く、さすがボス戦という緊張感。


■ロックマンロックマン
16.タイトル~ロックマンロックマン~
・非常に短い曲ですが楽しい雰囲気が伝わってきます。
・「楽しいアクションゲーム、はじまるよ~」って感じ。

17.オープニングステージ~ロックマンのテーマ~
・これはファミコン版ロックマンにはなかった新曲です。
・聞いていてウキウキするような楽しげなところがいいですね。

18.ステージスタート
・ロックマンシリーズお馴染みのステージスタートの曲です。
・コミカル風味が強めです。

19.カットマンステージ
・音色が楽しげになったカットマンステージの曲です。
・原曲のシリアス感はなくなりましたが、陽気な雰囲気が加わりました。

21.ファイヤーマンステージ
・賑やかな雰囲気になったファイヤーマンステージの曲です。
・音色が面白いです。

22.エレキマンステージ
・ゆったりとしたところが魅力のエレキマンステージの曲です。
・曲の前半の軽い感じと、曲の後半の力強い感じの同居がいいところ。

25.ボスバトル
・原曲より少しのんびりした感じになったボス戦の曲です。
・緊張感は原曲より薄れましたが、曲自体は豪華になりました。

26.ワイリーステージ
・原曲を順当にアレンジした感じのワイリーステージ曲です。オススメ!
・さすがに最後の戦いの曲なので、コミカル要素はあまりありません。

27.ワイリーボスバトル
・緊張感が高まる感じでアレンジされたワイリーステージのボス戦の曲です。
・イントロ部分こそおちゃらけ感はありますが、それ以外は緊張感があります。

28.エンドロール
・エンディング曲ですが、いろんな音で原曲を豪華にした感じ。
・前半は壮大な曲調、後半は楽しい曲調です。


■補足情報

・このサントラを入手しようと思った場合、ゲームの特典CDというだけあって見つけるのは非常に困難です。そのため、入手難易度はランクSSとしました。

イレギュラーハンターX / ロックマンロックマン ORIGINAL SOUNDTRACK CD 【特典のみ】

新品価格
¥9,800から
(2015/12/8 00:10時点)



たまたまAmazonで売られているのを見つけられましたが、普段はめったにみかけません。

・イレギュラーハンターXの曲が収録されている「ロックマンXサウンドBOX」です。

ロックマンX サウンドBOX

新品価格
¥11,566から
(2015/12/8 00:10時点)




・ロックマンロックマンの曲が収録されている「ロックマンサウンドBOX2」です。

ロックマン サウンドBOX 2

新品価格
¥11,566から
(2015/12/8 00:11時点)




関連記事

テーマ : ゲーム音楽
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京マンタロー

Author:京マンタロー
京(けい)マンタローと申します。
ファミコンとともに子供時代を過ごし、今もほそぼそとゲームをプレイしています。
が、プレイするより所有することのほうがメインになってきて困ってます?

もし記事に問題などありましたら、コメントなどでお知らせ下さい。修正します。

最新記事
カテゴリー
インデックス
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
検索フォーム
カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。