スーパーゼビウス

ゲームメーカーナムコ
ゲームジャンルシューティング、アクション
CD発売年2001年(1984年)
CD枚数1枚
入手難易度ランクB
ゲームプレイ有無プレイ有



sxevious_001.jpg sxevious_002.jpg sxevious_003.jpg

メロディー重視度★★★☆☆:3
ノリノリ度★★★☆☆:3
楽しい曲度★★★☆☆:3
カッコイイ曲度★★★☆☆:3
曲の雰囲気★★★☆☆:3
総合評価★★★☆☆:3


■サントラ概要

日本初(世界初?)のゲームミュージックのサントラ(レコード)として1984年に「ビデオ・ゲーム・ミュージック」が発売されました。その後、第2弾として1984年に登場したサントラ(レコード)が「スーパーゼビウス」です。

このCDは、1984年発売のレコードを2001年にCDとして復刻したものです。レコード時代の名残として「A SIDE(A面)」、「B SIDE(B面)」という記載があったりします。ですが、CDの収録上はA面、B面の区別は特にありません。


本サントラのプロデュースは、前作「ビデオ・ゲーム・ミュージック」に引き続き、YMOの細野晴臣さんです。プロデュースだけでなく、このサントラに収録されている曲は細野晴臣さんによる編曲とのこと。

ちなみにこのアルバムは、「ゲームで使われている全曲を収録」といったコンセプトではなく、「ゲーム音楽を使用したアレンジ音楽」というコンセプトになっています。

収録曲は4曲で、内訳はスーパーゼビウスで2曲、ギャプラスで1曲、ドルアーガの塔で1曲です。曲数が少ないことからも分かるように、サントラCDの収録時間自体も短めで20分程度です。

ですが、このCDを今入手しようとする人は「ゲームミュージックの歴史的なサントラを聞きたい」という考えの人が多いんじゃないかと思うので、「収録時間が短いから不満」という感想は的外れな感じがします。


CDのパッケージは、ゼビウスの自機であるソルバルウが地平線を目指すようなイラストです。
CDのラベル面は、サイトロンのレジェンドシリーズのデザインとなっています。曲名を記載した文字フォントがナムコっぽいですね。
そのほか、CDのブックレットとは別にゼビウスの小説のミニ版がついています。


以下、ゲームタイトルごとに情報を書きます。

1.ゼビウス(スーパーゼビウス)
・ゼビウスは1983年、スーパーゼビウスは1984年にアーケードに登場したシューティングゲームです。

・写実的なグラフィック、隠しキャラなど色々な部分が革新的なゲームだったそうです。「そうです」と書いたのは、自分でアーケードでリアルタイムで熱気を経験したわけではないからです。

・私がプレイしたのはファミコン版でしたが、当時ファミコンでも話題作だったのを記憶しています。

・元のゲーム音楽作曲は、慶野由利子さん

・このサントラでは2曲収録されており、収録時間はそれぞれ8分51秒と3分46秒。


2.ギャプラス
・ギャプラスは1984年にアーケードに登場した固定画面シューティングゲームです。1981年登場のギャラガの続編です。

・ギャラガでは左右にしか移動できませんでしたが、ギャプラスでは8方向に移動できるようになりました。また、自機がさまざまにパワーアップできるようになりました。

・家庭用にはなかなか移植されなかったため、実際プレイしたのは登場からかなりたってからでした。

・元のゲーム音楽作曲は、小沢純子さん

・このサントラでは1曲収録されており、収録時間は5分20秒。


3.ドルアーガの塔
・ドルアーガの塔は1984年にアーケードに登場したアクション(RPG)です。

・全60ステージあり、各フロアでの宝箱の出し方がノーヒントなので、かなりの理不尽ゲームではありました。

・私がプレイしたのはファミコン版でしたが、その後ナムコミュージアムなどでアーケード準拠版もプレイしました。

・元のゲーム音楽作曲は、小沢純子さん

・このサントラでは1曲収録されており、収録時間は3分46秒。


■曲の感想

4曲だけのアルバムなので、それぞれの感想を書きます。

1.ゼビウス(スーパーゼビウス)
ゼビウスの音楽をノリノリにアレンジした曲です。ところどころに人の音声(ゼビ語)が入っていて、妙な味を醸し出しています。

元々のゼビウスの曲自体が単調なフレーズを繰り返す曲(ミニマル音楽)なので、テクノアレンジに適した土壌があります。

色々ゲームの効果音で味付けされてはいますが、8分というのはちょっと長めな印象でした。


もう1曲収録されているガストノッチMIXは、曲の内容はほぼ同じで収録時間を短くしたものです。この曲は、レコード時代には収録されていなかった曲で、CDになったとき以降に収録されたボーナストラックとのことです。

かる~く聞くにはガストノッチMIXの方がよいかも。

※ちなみに、ガストノッチとはゼビ語で「絶好調」の意味らしいです。


2.ギャプラス
星逆流面の音楽のアレンジです。緊張感のある雰囲気の音が延々と続く感じ。また、ショット音などでリズムを刻んでます。

曲の収録時間が長めなので、ちょっと単調に感じられるかも。


3.ドルアーガの塔
ネームエントリー時の音楽です。ドルアーガの塔と言えば各フロアの音楽が有名ですが、ネームエントリー時の音楽もかなりカッコいいんですよね。

この曲は「前半はゲームオリジナル音楽」、「後半はオーケストラっぽい音楽」という構成になってます。結構おもしろい試みです。

元の曲が良いこともあって、オーケストラっぽくアレンジされた部分もかなりいい感じです。


■オレを信じてこれを聴け!

曲の感想はすべて書いたのでそちらを参照。特にオススメなのはこの1曲。

4.ドルアーガの塔


■補足情報

・このサントラを入手しようと思った場合、ネットでは今でも新品を安めで入手できるようです。そのため、入手難易度はランクBとしました。

スーパーゼビウス

新品価格
¥1,779から
(2015/9/27 23:56時点)




関連記事

テーマ : ゲーム音楽
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京マンタロー

Author:京マンタロー
京(けい)マンタローと申します。
ファミコンとともに子供時代を過ごし、今もほそぼそとゲームをプレイしています。
が、プレイするより所有することのほうがメインになってきて困ってます?

もし記事に問題などありましたら、コメントなどでお知らせ下さい。修正します。

最新記事
カテゴリー
インデックス
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
検索フォーム
カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示